« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月24日 (木)

ステマではありませんよ。その3

意外にも好評らしく、「ステマではありませんよ」シリーズ第3弾です。

130124gut
週明けのレコーディングに備えて、ガットギターの弦交換。
「太田さん!まだ木曜日ですよ!」
というご指摘もありますでしょうが、いやいや、弦素材がナイロンのため、張り替えてしばらくは伸びて伸びて使い物にならないんですよ。はい。今くらいの交換が丁度良いのです。

実はこれ、あまりみなさんの前にお目見えしないギター。なぜならば、ピックアップなどを付けていないので、ほぼレコーディング専用になっているためです。九州は久留米のギターメーカー「アストリアス」の職人、辻渡さん監修のS-2というものです。僕の楽器の中では比較的新しく、2006年製造。

130124tsujiwataru
出会いは2008年。ちょうど、ガットギターのレコーディングが一番多かった頃です。何となく立ち寄った大久保にある黒澤楽器本店で、
「こういう変わった中古もありますよー。」
的なノリで、何となく試奏させていただいてビックリしました。それまでに弾いたスペイン製や南米製のどんな楽器よりも明るくクリアーで、かつ何故か泣きのある音がする。音量も何だか分からないけど抜群に出る。

僕ね、生楽器はこの明るく豪快な感じが一番好きなんですよ。まあその割に、弾くフレーズは大概暗いんですけどね(笑)。ふと気が付いたら、ハードケース抱えて山手線に乗っておりました。店員さんも、まさか僕がこの楽器に食いつくと思っていなかったようで、ビックリされていました。おそらく、スペインの定番メーカー物を買うと思っていたんでしょうね。

あれから5年ほど弾いていますが、ネックの狂いも全くありません。こういう楽器に出会ってしまうと、日本の職人さんって本当にすごいなぁと思うわけです。だから国産楽器はやめられないのですよね。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

ステマではありませんよ。その2

130120tsumami
被写体がありすぎて、何を言いたいのか全く分からない写真の例。

まず、「オルニ珍味 おつまみしじみ(サンフラワーシード入)」は、実家から送られてきた荷物の中に入っておりました。早速開けてみると、乾燥しじみと大量のヒマワリの種。ド派手な袋からは想像できないほど、意外にも素朴な味です。少なくとも、柿ピーで呑むよりよっぽど体に良さそうです。ありがとうございます。

そして左のチラシは、2月11日(祝)に行われる、パイオニア吹奏楽団定期演奏会のもの。3年ぶりに太田も出演させていただくことになり、本日はパイオニア川越事業所にリハーサルに伺ってきました。団員の皆さんとも3年ぶりの再会。ワクワクが高まります。

130120guitar
ギターという楽器は、オケに入るとパーカッション部隊の一員として扱われますが、実際のプレイもその通り。揺れ動く管楽器と打楽器のグルーブの中の、「ここしか無い」というポイントに音を落とし込んでいく作業で、このポイントによって曲全体のうねりが大きく変わります。久々の出演ですが今回も新たな発見があり、本番がとても楽しみです。入場無料ですので、是非多くのみなさまにお越しいただければと思います。

----------------------------------------
2013年2月11日(祝) パイオニア吹奏楽団第23回定期演奏会
会場:所沢市民文化センター「ミューズ」 アークホール
開場13:00/開演13:30 入場無料
演目:
 第1部 組曲「惑星」より「火星」「木星」(G.ホルスト) ほか
 第2部 ディズニー・クラッシックス、ムーンライト・セレナーデ ほか
 (太田は第2部に出演いたします)
指揮:大澤和幸

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

ステマではありませんよ。

今年もNPO法人Midsのコーチングが始まりました。Midsとはアマチュアのセッションサークルなのですが、月1曲の課題曲を決め、太田がバンドアレンジ音源と譜面を作り、WEB経由で自宅練習も可能という珍しい団体です。月1回は太田自身がコーチングに伺っております。

こだわりの中高年の方も多いので、たまに素晴らしい楽器に出会ったりもします。昨日のコーチングで出会ったのは、アコースティックギターに内蔵されているピックアップシステム。

130114ellipse
Fishman社の、Ellipse Auraという製品です。ブリッジサドル下に置かれた圧電素子でギターの振動を電気信号にするシステム、これは何の変哲もない昔ながらのものですが、デジタル処理のプリアンプが素晴らしい音に変えてくれています。マイクを使わないのでハウリングにも非常に強く、これからの主流になるのかも知れませんね。

130114rareearth
ちなみに太田が使っているのはこれ。Fishman社の、Rare Earth Blendというシステムです。これは、弦振動を捉える電磁誘導ピックアップとマイクのブレンドシステムです。マイクがあるので、比較的自然なギターらしい音を出力できますが、反面、ややハウリングに弱い傾向もありますね。

130114sake
こちらは、お客様から頂いた広島の酒「純米吟醸 幻の雫」。
フルーティーな香りと共に淡麗で飲みやすいお酒で、ありがたいやら申し訳無いやらでございます。ライブでよく差し入れやお花を頂いてしまうのですが、どうぞみなさま、お気遣いなく。客席で楽しんで頂けることが、我々の何よりの喜びでございます。

130114shochu
こちらは、南青山MANDALAさんから頂いた焼酎「Jazz Street」。
なんと日野皓正さんプロデュースだそうです。口に含むと、焼酎なのにウィスキーの香りが。それもそのはず、バーボン樽で熟成させた焼酎だそうです。確かに、Jazzっぽいですなぁ。

以上、一切ステルスマーケティングはございません(笑)。
ちなみに、太田が楽器供給を受けているのは、東海楽器製造(株)さんだけです。
もちろん、東海のセミアコは絶品ですよ。嘘じゃありません。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

はあとのおと Vol.5 ご来場ありがとうございました!

130111members
太田光宏コンサート「はあとのおと Vol.5」にお運びいただいたみなさま、ありがとうございました!お楽しみいただけましたでしょうか?温かいみなさまのご声援のおかげで、我々ミュージシャンは今年1年も音楽に捧げられます。心より感謝いたします。終演後の集合写真は、左から佐藤昌(Pf)、太田光宏(Gt)、鶴田萌子(Clarinet & Melodion)、米澤粋夏(Vo)、本橋昭宏(Dr)、山本昭(Ba)、右手前に小泉一郎(Key)。

気付いてみれば、「はあとのおと」始まって以来の超満員(128名様)となってしまいました。南青山MANDALAスタッフのご尽力により、最終的には何とかイスは確保いたしましたが、みなさまには大変窮屈な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

130111kamite
前半は、HEART NOTE PROJECTによる書き下ろしのインスト曲を初披露させていただきました。セットリストは以下の通りです。(写真はリハーサル時のものです。)
1) 明日への翼 (作曲:太田光宏、編曲:HEART NOTE PROJECT(以下同))
2) Not Deep (作曲:佐藤昌)
3) Beyond The Sky (作曲:佐藤昌)
4) 七夕 (作曲:小泉一郎)
5) ストレート147km (作曲:鶴田萌子)
6) ほほえみ (作曲:太田光宏) (本曲のみ既存楽曲です)

130111suika
後半は、米澤粋夏さんをお迎えして、珠玉のオリジナル曲の数々を。
1) 想い出にまだならない (作詞/作曲:米澤粋夏、編曲:太田光宏(以下同))
  →CD発売中です
2) 雪
3) 道なき道
4) Sunrise
5) てのひら
6) Waltz
7) To You

130111shimote
アンコールをいただいて、以下の2曲。
1) Ending from Rockman3 (作曲:藤田靖明、編曲:太田光宏)
  →昨年発売のこのアルバムに収録されております。
2) 雨の観覧車 (作曲/編曲:太田光宏)
  →オオフジツボ夢のあと」に収録されております。

130111kizai
MANDALAのステージに7人も立つと、ステージ上も過密状態でしたね(笑)。少しでも機材スペースを減らすため、太田もレコーディング用の小さいアンプを用意して、いつものローディー柴井君と仲良く運びました。

<使用機材>
1) Tokai ES-130 (Electric Guitar)
2) S.Yairi YD-504 (Acoustic Guitar)
3) Antonio Sanchez model 3450 (Classic Guitar)
4) Roland JC-77 (Guitar Amp)
5) Effect Board (もろもろ入っています)

さあ、次のステージは月末の投げ銭制(笑)オオフジツボです。
-----------------------------------------------------
2013年1月27日(日) オオフジツボ@四ツ谷:ホメリ(03-6320-0790)
開場18:30/開演19:30 投げ銭制
会場WEBまたはTELにてご予約受付中。あと6席ほどあります
1月19日現在、立見のみ受付中です。
-----------------------------------------------------
少人数制で盛り上がりますよ!こちらもどうぞお楽しみに!

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

誕生日プレゼント

おかげさまで、またひとつ年を重ねることが出来ました。
Facebook等ではたくさんのお祝いメッセージを頂戴いたしまして、恐縮でございます。みなさま本当にありがとうございました。

で、別にケーキを作るわけでもなく、焼肉を食べに行くでもなく、いつもと何も変わらない編曲業務をしておりましたら、いつもの宅急便屋さんがこれを届けてくれました。

130108present
Ritaさんが歌う主題歌にオオフジツボで演奏参加させていただいた、「黄雷のガクトゥーン」というゲームのサンプル版。昨年12月21日発売のこのソフト、シリーズの中でも抜群の売れ行きらしいですね!ありがたい誕生日プレゼントになりました。

130108guitars
思い起こせば、初めてギターを触ったのは32年前。
確か、小学校6年生のクリスマスかなんかに、お袋と2人で近所のレコード屋で買った記憶があります。別にギターという楽器に特別思い入れがあったわけでもなく、ただ何となくぽろぽろと弾き始めて、ただ何となく弾き続けて今に至ります。

僕の周りのミュージシャンには、小さい頃から楽器に親しみ、音楽大学や専門学校で相当の訓練を受け、また師匠に付いて相当の苦労をしてこの世界に入った方が多く居ます。そういう方々とご一緒するたび、ただ何となく独学でやってきた僕などは、今でも恐縮してしまうんですよね。

別に、努力することそのものに価値を見出しているわけではないのですが、44歳になった今、やっぱり少しぐらいは努力も必要だよなぁと思い直し、初心に戻ってこの1年を精進していきたいと思います。まあ、もう少しギターも作編曲も上手くなりたいしね(笑)。

というわけで、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

年末年始ライブシリーズ集大成です!

130107hnp
さあ、年末年始ライブシリーズ最後は、いよいよ1月11日(金)「はあとのおと Vol.5」。

毎年、この日のために結構な準備をしておりますが、今年はこの「音楽制作集団 HEART NOTE PROJECT」の面々が主役。前半は、この日のために書き下ろした多彩な音楽を繰り広げます。演者も多いし楽器もいっぱい使いますので、もしかするとステージからはみ出すメンバーが出るかもしれませんが、気にしないことにします(笑)。

130107suika
そして後半は、津軽の歌姫、おなじみ米澤粋夏さんをお迎えして、彼女のオリジナル曲をバンドサウンドと共におなかいっぱい聴いて頂こうという企画でございます。米澤粋夏さんとは、かれこれ5年ほどライブでご一緒させていただいておりますが、今回の仕上がりは圧倒的な歌声と共にものすごい叙情感。間違いなく今までの中のベストです。どうぞみなさまお楽しみに!

チケットにつきましては、現状すでに相当なご予約を頂いておりまして、残席が少なくなっております。おそらく、あと15席程度だと思いますので、ご予約の方はお早目にこちらのメールにお名前と枚数をお伝え頂ければ幸いでございます(または、本ブログのコメント欄でも構いません)。当日券につきましては、予約状況をまとめた後に判断させていただきます。

以下、コンサート詳細をまとめておきますね。
みなさまのご来場をお待ちしております。

130111heartnote
(画像をクリックするとPDFチラシがご覧になれます)
-------------------------------------------
公演名 はあとのおと Vol.5
日時 2013年1月11日(金) 開場18:30/開演19:30
会場 南青山:MANDALA (03-5474-0411)
チャージ \3,200 (1drink付)
出演 太田光宏 (Guitar)
    米澤粋夏 (Vocal)
    小泉"pat"一郎 (Keyboard)
    佐藤昌 (Piano)
    鶴田萌子 (Clarinet & Melodion)
    山本昭 (Bass)
    本橋昭宏 (Drums)
ご予約はこちらのメールにて受付中
前売券は南青山MANDALA店頭にて発売中
-------------------------------------------

| | コメント (0)

Rita's Hour 19 ご来場ありがとうございました!

Rita's Hour 19 @代官山:晴れたら空に豆まいて にご来場のみなさま、ありがとうございました!Ritaさんのもう圧倒的な「おなかいっぱい系(笑)」の歌はもちろんのこと、温かいお客様のおかげで、とても良いライブになりました。心より感謝申し上げます。

130105board
サポートライブにしては珍しく、僕の楽器はアコースティックギター1本だけ。いつもご紹介している通り、30年前に作られたS.Yairiという国産メーカーのYD-504という楽器です。高校生の頃から僕を育ててくれた素晴らしい楽器で、アコースティックギターを使う仕事のほとんどは、これ1本でやっております。
今回は、特殊効果が必要な楽曲も多かったため、若干のエフェクトも使用しておりました。

130105yoshiura
こちらはピアノの佐藤昌くんとパーカッションのよしうらけんじさん。
こんなことを言うとアレンジャーとしての信頼に関わりますが、このお二人にお願いすると、僕が譜面さえ書けば、想像以上のクオリティーがあっさり返ってきてしまう(笑)。そんな絶対的な信頼のおけるミュージシャン達です。

こんなメンバーで、次回もまた出来ると良いですね!
みなさまも是非ご期待くださいませ!

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

仕事始めです。

実は、今回の帰省往路は新幹線を使わずに、延々東海道線で行ってみました。

さぞ景色を堪能できるかと思いきや、前日のライブの疲れもあり終始爆睡(笑)。全く曲も浮かんでいないし、何のための鈍行の旅だったのか分かりません。まあそれでも、田舎を走る電車特有のユルさは、1年間戦った心には一服の清涼剤になるものですね。

130102umi
実家近くの墓地の丘の上から、久々に見た紀伊水道。
潮の流れはめちゃくちゃ速いんだけど、何故か大らかにゆったりと見える…

まるで僕みたいだと思いませんか?(笑)
思わないよね。はい。

さあ、仕事始めは年末年始のライブの後半戦。
詳細はこちらをご参照。見逃せませんよ~!


| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。

121230band
2012年の仕事納めはみとせのりこさん2daysでした。ご来場のみなさま、ありがとうございました。いつもながら、盛り上がりましたねぇ!

121230ohta
歌い手さんの声もバンドの音も生モノ。今回はギターアンプを縦にして、モニターしやすさとステージ内の音圧低減を狙ってみました。客席側の音はいかがだったでしょうか?

121230tsuboy
そして、壷井さんの足元にはギタリストの僕を超える規模のエフェクトがどっさり。これであの独特のループ効果を出しているわけですね。

かつて音楽によって"Love & Peace"が叫ばれた1960年代の末に生まれた人間の責任として、本年もみなさまの琴線を優しく揺らす音楽を目指し、微力ながら精進してまいります。そのためのひとつの形が、"HEART NOTE PROJECT"なのです。今後とも応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »