« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

「はあとのおと Vol.4」リハーサル風景など

111223humburg
遅くなりましたが、米澤粋夏@秋葉原:Zic Akiba オオフジツボ大感謝祭@西荻窪:音や金時にご来場のみなさま、ありがとうございました!写真はZic Akiba矢尾店長おすすめの自家製ハンバーグ。ジューシーな味わいで絶品でした。オオフジツボ大感謝祭では、秘蔵映像公開や鼻血出血大サービスなど、大変なステージでしたね(笑)。

111224awadateki
さて、世間様ではクリスマス。音楽家の僕は一番忙しい時期ですが、こんなものを作りまして…

111224awadate
で、子供がこんな風に使いまして、無事にケーキが完成いたしました。まあ、高速で回るものなら何でもいいんですよね(笑)。

111227studio
昨日は、1月8日「はあとのおと」のリハーサルでした。作曲家の伊藤賢治さんとシンガーソングライターの松浦有希さんの幸せそうなツーショット。ここに凄腕パーカッションのよしうらけんじさんとが加わって、4人編成で第1ステージを披露させていただきます。有名な松浦さんのオリジナル曲も、この編成でやるとかなり大人な感じになっていいですねぇ!

第2ステージの激情系ボーカリスト米澤粋夏さんは、年明けにリハーサルレポートさせていただきますね。こちらもどうぞご期待くださいませ!

120108heartnote
                  (画像をクリックするとpdfチラシがご覧になれます)
2012年1月8日(日) 太田光宏~はあとのおと Vol.4~@南青山:MANDALA(03-5474-0411)
開場18:00/開演19:00予定 \3,200 (1drink込みの価格です)
出演:太田光宏米澤粋夏伊藤賢治松浦有希佐藤昌(Pf)よしうらけんじ(Perc)
前売券:MANDALA店頭および太田出演ライブにて発売中。
ご予約:ご予約受付メールアドレスはこちらです
まだまだ残席がございます。どうぞ、お早めにご予約くださいませ!

| | コメント (2)

2011年12月22日 (木)

絶賛年末進行中!

作曲して編曲してギターを弾いては納品…の繰り返し。そんな年末進行になってまいりました。そんな中、忙しかった今年いろいろお手伝いさせていただいた所で、打ち上げや忘年会も隔日ペースで進行中です(笑)。

111219uchiage
自分では行かないようなお洒落なラウンジから…

111221uchiage
安い串カツとともにお得意のにごり酒のパターンなど。久々にスタッフの皆さんとお会いできて、陽気な夜を過ごしております。

さて、年内のライブも、残り2本となりました。
------------------------------------------------------------
2011年12月23日(金) 米澤粋夏@秋葉原:Zic Akiba(03-5809-1699)
開演 1st 20:00 / 2nd 21:00  チャージ無料
急遽決定の米澤粋夏さんクリスマスミニライブ。しかもチャージ無料です。お仕事帰りに是非いかがでしょう!?大満足すること請け合いです!
------------------------------------------------------------
2011年12月25日(日) オオフジツボ大感謝祭@西荻窪:音や金時(03-5382-2020)
開場18:30/開演19:30 \2,600 (+オーダー)
オオフジツボの2011年大感謝祭!秘蔵映像などを交えてお届けいたします。お楽しみに!ご予約は必要ありません。ふらりとお越しくださいませ。
------------------------------------------------------------

そして、年明けはこれで決まり!おかげさまで多くのご予約をいただいております!
120108heartnote
------------------------------------------------------------
2012年1月8日(日) 太田光宏~はあとのおと Vol.4~@南青山:MANDALA(03-5474-0411)
開場18:00/開演19:00予定 \3,200 (1drink込みの価格です)
出演:太田光宏米澤粋夏伊藤賢治松浦有希佐藤昌(Pf)、よしうらけんじ(Perc)
前売券:MANDALA店頭および太田出演ライブにて発売中。
ご予約:ご予約受付メールアドレスはこちらです。メールいただければ数日中にご予約完了のお返事をさせていただきます。
おかげさまで、「はあとのおと」も第4回目を迎えることになりました。今回はゲストに圧倒的なボーカルのシンガーソングライター:米澤粋夏さん、イトケンの愛称でおなじみの作曲家:伊藤賢治さん、そしてNHKみんなのうたでもおなじみのシンガーソングライター:松浦有希さんという、豪華な顔ぶれでお届けいたします。いつもの通り、僕らの音楽と一緒に新年を楽しんでいただければ幸いです。なお、上記の他にも飛び入りゲストがありそうです。席数に限りがありますので、ご予約の状況を見極めながらのご案内になります。当日券が出せない状況も考えられますので、出来るだけ前売券のご購入、またはご予約を頂きますようお願い申し上げます。
------------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

東京湾のハゼになれ

111218haze
「東京湾のハゼになれ。」
という名言を吐いた、高校時代の社会の先生が居た。

学生運動に青春を費やし、その反動で右派に属したり金儲けに走ったりした挙句、生徒達に馬鹿にされながら細々と先生業を営んでいるという、よくありがちな独身のオヤジだった。決して彼が見たものが世間を網羅しているとは思わないけれど、そんな彼の言葉は、なぜか僕らの心には響いた。

東京湾のハゼとは、汚い海でいろんな毒をも食って生きている者の例え。綺麗な海しか知らない人生は、ある意味幸せかもしれないが、バランス感覚がずれてしまう。残念ながら人生は一本線でしかないから、意識して違う世界を味わおうとしなければ、なかなか体験できるものでもない。その先に何があるのか分からないけれど、少なくとも僕は、ギラギラとした欲望や好奇心と共に足を踏み入れていくのでしょう。

きっと、人間はもっと生臭くて、ドロドロした生き物だと思う。
けれども、だからこそ素晴らしい生き物だとも思う。
僕らは、それを描いていく義務がある。

そんなことに思いを馳せながらいただく、実家から送られてきた焼きハゼの干物。
ええ、日本酒のお供に絶品なのでございます。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

みとせのりこ@渋谷:公園通りクラッシックス

111215stage
みとせのりこ~唱歌と冬の音~@渋谷:公園通りクラッシックス にご来場のみなさま、ありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか?

弔いの会…とも言われているみとせさんのライブ。幻想的な詞の数々と、ピンと張りつめた声が何よりの魅力ですね。そう、ピンと張りつめた声。みとせさん、あのリリカルさとは裏腹に声量があるんです。

今回は、その声を最大限生かすべく、アレンジでは「情念」と「抑揚」をコンセプトに作らせていただきました。CDには無いダイナミクスをお楽しみいただいていれば、こんなに嬉しいことはありません。

ケルティックハープとピアノとアコースティックギター。全てが減衰音という儚くもシンプルな編成に、唯一の持続音であるみとせさんのボーカルを乗せるという試み。2月18日(土)~2月19日(日)にも追加公演で3ステージ演奏させていただきます。ぜひぜひお楽しみに。詳細につきましては、みとせのりこさん公式サイトから。

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

山本琴乃 ~祭りごと3~

12月7日に行われました、山本琴乃~祭りごと3~@代官山:晴れたら空に豆まいて にご来場のみなさま、本当にありがとうございました。今年最後の山本琴乃さんライブ、存分にお楽しみいただけたでしょうか?

山本琴乃さんの唄を聴いていると、音楽に対する、あるいは生きることに対する純粋さが、ぐいぐいと伝わって来ます。それも、無垢なままで。僕と山本琴乃さんは、それこそ親子ほどの年の差がありますが、果たして僕が彼女くらいの年齢の時、それほどまでの純粋さがあったか?というと、甚だ疑問です。

そんなことを想いながらステージに立つとき、自分も出来るだけ「無」になるように心がけています。実は、長年音楽に携わっていると、ともすると自分の経験という引き出しの中ですべての音楽を処理しようとしてしまう。けれども、山本琴乃さんの唄は、そういうものではないんだと強く感じてきました。したがって、いつも歌に引きずられる伴奏で居ようと。唄に対して、常に新しい扉を開き続けていようと。

また来年、近いうちにご一緒する機会があると思います。
またみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

リハーサル三昧

111205densha
リハーサルに行くのも、ちょっと遠いと旅気分でございます。
子供みたいに先頭車両に乗り込んでは、ぱちりと写真を撮ったりして。

あ、JR東日本の発車メロディーをまた2つ覚えましたので、今度のオオフジツボライブで披露しなくっちゃ(笑)。問題は、ギターでどう再現させるかなのですが…。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

米澤粋夏@恵比寿:ビストロダルブル

111201ebisu
12月1日(木)は、米澤粋夏~年満月の夜~@恵比寿:ビストロダルフルでした。

111201suika
初めてライブさせていただくお店でしたが、今回はお店のご厚意でなんとチャージ無料。多くのファンの方々をはじめ、ふらりと来られた方々にも、米澤粋夏さんの歌を聴いていただくことが出来ました。感謝です!

次回の米澤粋夏さんは、来年1月8日(日)「はあとのおと」での出演になります。
120108heartnote
(クリックするとチラシ(pdf)が開きます)
------------------------------------------------------------
2012年1月8日(日) 太田光宏~はあとのおと Vol.4~@南青山:MANDALA
(会場Tel: 03-5474-0411)
開場18:00/開演19:00予定 \3,200 (1drink込みの価格です)
出演:太田光宏米澤粋夏伊藤賢治松浦有希佐藤昌(Pf)、よしうらけんじ(Perc)
前売券/ご予約:12月よりMANDALA店頭にて前売券販売。ご予約はこちらのメールにて。

おかげさまで、「はあとのおと」も第4回目を迎えることになりました。今回はゲストに圧倒的なボーカルのシンガーソングライター:米澤粋夏さん、イトケンの愛称でおなじみの作曲家:伊藤賢治さん、そしてNHKみんなのうたでもおなじみのシンガーソングライター:松浦有希さんという、豪華な顔ぶれでお届けいたします。いつもの通り、僕らの音楽と一緒に新年を楽しんでいただければ幸いです。なお、上記の他にも飛び入りゲストがあるかも知れません…(笑)。席数に限りがありますので、ご予約の状況を見極めながらのご案内になります。当日券が出せない状況も考えられますので、出来るだけ前売券、またはメールでのご予約を頂きますようお願い申し上げます。
------------------------------------------------------------

こちら、前売券を発売開始いたしました!早くも、多くのお客様からのお問合せを頂いております。どうぞお楽しみに!

| | コメント (0)

オオフジツボ@名古屋:ロジウラのマタハリ春光乍洩

111127era
明けて11月27日(日)は、オオフジツボ@名古屋:ロジウラのマタハリ春光乍洩でした。
店の扉を開けて、一気に目に飛び込んできたものは、壷井さんのユニット「ERA」のチラシ!下の文言も、いかにもありそうな感じです。もちろん、お店の方が手間ひまかけて作ってくれたそうです。素晴らしい!

111127rice
このお店は、かねてからご飯がおいしいとの評判を聞いていたのですが、いやぁ~おいしかった!とても自分では真似出来ない深い味に、ワタクシ感動いたしました。

ライブはここでも満席のお客様に囲まれて、ものすごく熱い演奏となりました。名古屋のファンの方々は口コミで熱心に伝えていただけることもあり、初の名古屋公演にもかかわらず多くのお客様にお越しいただきました。ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

また行きたいですね!オオフジツボ名古屋場所!

111128hitsumabushi
あっ!この写真は名古屋名物ひつまぶし。名店のお料理は、これも絶品でございました。はい。

| | コメント (0)

オオフジツボ@大阪:CHOVE CHUVA

111126ebisu
11月26日(土)は、オオフジツボ名阪ツアー1日目@大阪CHOVE CHUVAでした。
お出迎えは、お店の看板犬「えびす」君…じゃなかった…この犬はよく吠えていた隣のお店の犬だ…。えびす君の写真は撮り忘れました…。

111126kanban
満席のお客様に囲まれての、熱く楽しい夜。僕がまだ関西に居た頃の古い友人たちも多くご来場いただいて、本当に幸せでした。

111126tea
このライブの目玉は、この「フジツボミルクティー」。
オオフジツボと書かれたマシュマロが浮かんでおり、かなりの妖しい感じを放っておりますが、お味はとっても上品。そして、写真にはありませんがフジツボの形をした「オオフジツボマグネット」もありました。こちらもかなり妖しい(笑)。いずれもサポーターの方々のご尽力による一品です。あらためて、お礼を申し上げます。

111126hana
遠方からのお花までいただいて、温かい人々に囲まれての大阪の夜は更けていきました。

| | コメント (0)

耐久ライブ無事終了!

111125kizai
先週11月25日(金)は、代々木上原の「けやきホール」にて、ボーカルスクールのイベントでした。
年に2回サポートさせていただいている耐久ライブ。今回の曲数は35曲(笑)。様々な曲調があるため、ご覧の通り、機材もフル装備です。

111125stage
長年担当させていただいているこのイベント、生徒さんにとってはもちろんですが、実は我々バンドマンにとっても修業の場です。というのは、僕のプレイスタイルとしての音楽の幅は、年に2回のこのイベントによって維持されているといっても過言ではありません。現在進行形の曲達が集い、それをある程度オリジナルに近い形で再現するというプロデューサーの譜面。その譜面を短期間で読みこなし、意図を解釈して弾き切るというバンドマンの手腕が問われます。

いつしか気付けば、僕もバンマスとして同じような仕事のやり方をしているのです。アレンジ上、必要なことはすべてマスターリズム譜面に書く。たとえそれが、「○○風にいい感じで…」のひと言だとしても…(笑)。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »