« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

やっぱりダイエット

健康診断の結果を訊きに行きました。

「肺がん検診は正常です。」
「おっ!ありがとうございます。」
「しかし、ちょっと体重が多いですねぇ~。減っては来ているんですが…。」
「はい。おっしゃる通りです。」
「尿酸値も…あ、でもこれは良くなって来てるんですね。」
「そうですね。」
「まあ、痩せれば大体良い方向に向かいますよ。異常無しです!」

ヤッホー!気分が良いので、帰りがけにちょっと散歩。

101129shirakogawa
近所の川に行ってみたり。

101129gakuenbashi
大泉学園まで足を延ばしたり。

101129kago
腐食して破れてブランブランになっている自転車のカゴを、結束バンドで応急処置してみたり。

101129bicycle
ついでにもろもろ整備してみたり。明日も市ヶ谷まで無事故で往復したいからね。

101129cubase
で、何故か1日の終わりは、リズムトラックと弦セクションのタイミング合わせです。きもーち弦が突っ込んでいるくらいの方が、生っぽくて聴きやすいですね。「もたる弦セクション」なんて聞いたこと無いからね。

| | コメント (0)

2010年11月29日 (月)

TOKYO IRISH GENERATION 大盛況!

101128omotesando
そうだ!日曜日だった!
あまりの人混みに、副都心線「明治神宮前」駅から歩くという選択を後悔しつつ、会場入り。

TOKYO IRISH GENERATION vol.2 青山フェスティバル」大盛況のうちに幕を閉じました。ご来場の皆さま、ありがとうございました!在京のアイリッシュバンドが集まって弾きまくるというこの企画、まあ、オオフジツボがアイリッシュかどうかはこの際おいといて(笑)、是非今後も続いてほしいと思います。いやぁ~気分が良いなぁ~!

そんなノリノリの挙句の果て、帰り道…
101128ohta
「なかなか言えないけれど、大好きだよ~!」
と、一輪のバラと共に青山の空に愛を叫ぶ41歳のオジサン。

単に、痛い腰を伸ばしていることは秘密です。

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

制作中

101127flower
ドラマ音楽の制作が1曲終わりました。
2曲目はやさしいシーンの曲に取り掛かろうと思い、先日頂いたお花を飾ってみました。

そう、あなたのように、凛としてかつやさしい曲に仕上げようと思います。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

プリプロ&イベント情報

101126prepro
今日は自宅スタジオで、インディアンフルート奏者のマークアキクサ氏の新曲プリプロ。
狭いスタジオに、マークさんとパーカッションのよしうらけんじさんと太田の3人。仲睦まじく録音しておりました。12月10日(金)のマークアキクサコンサート@赤坂:ノヴェンバーイレブンスにてお披露目予定でございます。

101126tig
さて、今回はその前に、明日11月28日(日)のイベントのご紹介を。
東京のアイリッシュバンドが一堂に会する、"TOKYO IRISH GENERATION Vol.2青山フェスティバル"というイベントに、オオフジツボで出演いたします。会場は南青山の"Spiral"地下1階の"EATS and MEETS Cay"という何ともオシャレな場所。素朴な音楽とオーガニックな食材を、是非ご堪能ください。
(本日中に本blogにコメント頂ければ前売料金で予約させていただきます。)

-----------------------------------------------------------
2010/11/28(日) TOKYO IRISH GENERATION Vol.2 青山フェスティバル
会場:南青山:EATS and MEETS Cay
出演:O'Jizo、オオフジツボ、五社義明、Modern Irish Project、John John Festival
開場17:00/開演18:00
前売¥3,000/当日¥3,500(ドリンク別/税込)
チケット:ローソンチケット(Lコード 75987)
お問い合わせ:EATS and MEETS Cay
(東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F 03-3498-5790)
-----------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

人恋しくなる季節

101120sanshinomori
ドタバタと日常を送るうち、知らぬ間に紅葉も深まってまいりました。
写真は、舞台の稽古場に近い、東高円寺の「蚕糸の森公園」。

人恋しくなるこんな季節、それでも凛として群れない強さを持ち続けたいものです。群れることは簡単で楽しい。けれどもほとんどの場合、そこから新たに生まれてくる感情なんて無い。群れから離れて、時には群れと戦ってこそ生まれてくるものを信じています。

たったひとり、それでも何とか笑って過ごせている、そんな状況に感謝しながら。
こう見えても実は、結構暗い人間なんですがね(笑)。

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

酉の市

101119torinoichi1
生まれて初めて、"酉の市"なるものに行ってきました。ね?自営業らしいでしょ?

生まれ故郷の大阪で商売繁盛の祈願といえば、堺の大鳥大社ではなく、今宮戎の"十日戎"。笹に付けた「張り子の虎」が有名です。でも、関東に来ると、大鳥神社系の"酉の市"というものになるのですね。友人に誘われて、一杯呑みがてらいそいそと新宿の花園神社に行くと…

101119torinoichi2
金曜の夜だったので、想像以上のものすごい人混み。
これは覚悟が必要です。とりあえず片手の缶ビールを空け、友人達と気合いの乾杯です。

しばらく見て回った後、一旦屋台に座って焼き鳥で休憩。少々すいてくるのを待ってから、再び熊手選びの旅に。
「太田さんは初めてだから、小さいのからが良いですよ。」
「へー。そうなんですか?」
「年を追うごとに、大きくしていくのよ。」
「なるほどなるほど。」

101119kumade
というわけで、神社純正の小さい熊手を買いました。
また一年間、皆さんに必要とされる太田光宏でありますよう、精進いたします。

さて、明日はオオフジツボライブです。
-------------------------------------------------------------
2010/11/20(日)オオフジツボワンマンライブ@西荻窪:音や金時
開場18:30 / 開演19:30 \2,600
-------------------------------------------------------------
いつもの通り、ふらりとお越しいただければと思います。良い席はお早めに!

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

ハイロウズ?

101115haydn
リハーサル後に、吉祥寺のBOOK OFFでCDを探しました。
英語の背表紙を端からくまなく見るのは、老眼との戦いです。

「お客様、何をお探しですか?」
「あ、ハイドンの作品です。」
「それでしたら、あちらのJ-POPコーナーですよ!」
「えっ!?J-POP???」
「ハイロウズでしょ?」

いいえ、ハイドンです。

| | コメント (0)

たかがバネ。されどバネ。

101115spring1
エレキギターの作りって、微妙に間抜けです。
なぜって、音を拾う電磁ピックアップの部分が、バネで浮いてるんです。

音響工学的にはありえない構造。しかも、そのバネが不要な共振をして、音を濁らせるという問題もあります。実は、僕のセミアコもその共振に悩まされてきました。先日、たまたまリハーサル前に入った楽器屋で126円のバネを見つけたので、これを機に交換することにしました。白いのがもともとのバネ。黒いのが長くて強い新しいバネ。

101115spring
結果、嘘のように共振は無くなりました。ああ…もっと早く交換すれば良かったなぁ。

101115tokai
エンドースにもかかわらず、勝手に改造しまくりの東海楽器ES-130です。
メーカーさん!すみません!

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

ゴージャス&ライブ

101109matsutake
先週の某打ち上げにて、今年初めての松茸のお吸い物。イェイ!
何だかんだで、たまにはゴージャスな時もありますな。いや、音楽家たるもの、ゴージャスなことも無いといけませんな。もちろん、どうしようもない底辺も知った上でさ。

101113flute
で、昨日は赤坂Bizタワー内の"Pub Cardinal Akasaka"にて、マークアキクサライブ。
1ステージのみの無料ライブでしたが、素朴なインディアンフルートの世界とはかけ離れた(笑)ゴージャスな空間の中で、外国人の方を中心に盛り上がって頂きました。いやぁ~たまにはこういうライブも良いもんですな。

101113ohta
あ、珍しく楽屋でのオフショットなど。決して寝てませんよ。決して。

今週から来週にかけては、ステージ三昧の日々です。
-----------------------------------------------------------
2010/11/18(木) 羽島ボーカルアカデミー発表会@渋谷:BOXX
17:00開演予定 \1,000

いつもの生バンドで、手に汗握る36曲サポート予定です。
生徒さんにとっては、年に2回の発表会。我々にとっては、年に2回
の耐久ライブ(笑)。

-----------------------------------------------------------
2010/11/21(日) オオフジツボ@西荻窪:音や金時
開場18:30/開演19:30 \2,600

毎度おなじみオオフジツボワンマンライブでございます。
2ndアルバムに向けますます気合が入っております。トークに(笑)。
ご予約は要りませんが、お客様の入りが早い傾向がありますので、
良い席はお早めに。

-----------------------------------------------------------
2010/11/22(月)~23(祝) 劇団"UNIT"公演「ALISON」ver.B
 第1公演 2010/11/22(月) 19:40開場/20:00開演
 第2公演 2010/11/23(火) 12:40開場/13:00開演
 第3公演 2010/11/23(火) 16:40開場/17:00開演
  各\3,000
会場:阿佐ヶ谷 シアターシャイン

60分の切ない舞台もいよいよ来週。初日第1公演はほぼチケット売り
切れです。ありがとうございます。23日の第2公演、第3公演はまだ
少し残りがございます。お気軽にお申し込みください。お申し込みは、
本blogにコメントいただければ結構です。

-----------------------------------------------------------
2010/11/28(日) TOKYO IRISH GENERATION Vol.2青山フェスティバル
出演:O'Jizo、オオフジツボ、五社義明、Modern Irish Project、John John Festival
会場:南青山EATS and MEETS Cay
開場17:00/開演18:00
前売¥3,000/当日¥3,500(ドリンク別/税込)
チケット:ローソンチケット Lコード 75987
(問)EATS and MEETS Cay 03-3498-5790
東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F

オオフジツボでも参加している、Tokyo Irish Generationのイベントです。
アイリッシュ好きな方には見逃せません。ぜひぜひ!
-----------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

エコポイントなど見向きもせず

101112reizouko1
ウチの冷蔵庫は1993年製。

機能的には何の問題も無いのですが、ここ数年来、背面のコンプレッサーが何かに共振し猛烈な音を放っておりました。原因は分かっているので、コンプレッサーを支えているダンパーに防振ゴムを追加したりして、何とかだましだまし使っていたのです。

「なあ!エコポイントがあるうちに買い替えようよ!」
「えっ?何が壊れてるんや?」
「音がうるさいやん!」
「そんなん故障じゃ無いやろ!また俺が微調整すれば直るよ!」
「でも素人があんまり触ると…」
「誰が素人じゃ~コラ!今でもバリバリのエンジニアも出来るわい!」
「そのエンジニアとやらが調整しても、すぐにうるさい状態に戻るやん!」
「うっ…確かにそうやなぁ…。一度、サービスマンに来てもらうか…。」

ということで、本職のサービスの方に来ていただきました。

101112reizouko2
「ああ、ここのダンパーの劣化ですね。ほら、カチカチでしょ?」
「あ、確かに!加水分解っていうやつですね。」
「これがカチカチ震えてるんですね。3個とも交換しますね。」

さすがは純正部品とメーカーサービスマン。ものの20分ほどで全作業は終了。よかった!
終わってから気付いたのですが、三菱サービスセンターはウチから徒歩5分の所にありました。こんなことなら、あと数年早く呼んでおくんだった…。

そんなわけで、経済活動優先のエコポイントなど見向きもせず、この夫婦と共に三菱冷蔵庫17年目の冬に入ります。何とか銀婚式くらいまでは頑張れそうですね。

あ、冷蔵庫は、ね(笑)。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

両面テープの悩み

101109ura
「あっ!マジックテープやなくて両面テープが剥がれてるやん!」
「マジックテープの意味無いなぁ。」

エフェクターをボードに固定する時、マジックテープを使うのが一般的ですよね。けれども、このマジックテープの裏に付いている両面テープが曲者で、ボードからエフェクターを抜く時、写真のようにマジックテープよりも両面テープ側が剥がれてしまうことがよくあります。

101109tape
で、ボード組み込み5年目にして初めて、超強力両面テープ500円を試してみることにしました。お願い!日東電工さん!

101109board
まだ剥がしの実験はしていないのですが、願わくば、これでウチのオンボロ機材達(実績があるとも言う)も、少しは落ち着いてくれると良いのですが…

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

白菜と豚肉の重ね蒸し

101109hakusai
イマイチな写真ですが、誰でも出来てめちゃめちゃウマい、僕の定番料理。
水を使わないため、鍋料理より濃厚なうまみがあります。

1)安売りの豚肉こま切れと、白菜1/4、ニンジン、生姜を用意。
2)白菜を洗い、根元に近い部分を切って、1枚1枚に分けておく。
3)ニンジン千切りと生姜千切りを適量用意。あ、その前に一応洗いましょう。
4)白菜の外葉から順に、葉っぱ→豚肉→ニンジン+生姜→葉っぱ→豚肉→ニンジン+生姜→葉っぱ→…と最後まで重ねる。こういう面倒な作業は、手早くやった方が美味いような気がする。ゆっくりやると、どんどん生姜が乾いてしまって…。
5)強く押さえつつラップをし、15分弱レンジでチン。
6)たまった汁は別椀に移し、ポン酢を加えつゆにする。
7)適宜切り分ける。
8)つゆをかけて出来上がり。お好みでネギや七味など。

ちょうど今の季節がおいしい!是非お試しあれ!

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

不良な接触~第2章~

101108tubedriver1
次は「TUBE DRIVER」という自作機材の入出力ジャックの交換。
使うジャックは前回記事の冒頭写真左側の、マル信無線電機製のMJ-159M。このジャックは秋葉原で\100程度で買えますが、非常に接触圧が強く、僕は絶対の信頼を置いています。逆に、他の国産ジャックはゆるいものが多いので注意が必要です。

さて、この機材は結構古くて、2000年に設計製作し、その後のエレキギターのライブの時は必ず使っているものです。その名の通り、真空管によるオーバードライブです。付加機能としてノイズゲートを内蔵しています。

回路設計的には「マーシャルの歪みをフェンダーアンプで!」というコンセプトで、両者のアンプのトーン特性の違いを、逆補正するような回路が入っています。だから、フェンダーアンプにつないでも過度にドンシャリにならず、中域の充実した音になります。いつもレコーディングで使用しているMAXONROD880とは、設計コンセプトも回路もかなり違います。

101108tubedriver2
中身はこんな感じ。
これはコンセントからのAC100Vを直接入れるタイプなので、今のPSE法を通すのは面倒です。なので、外販のご要望には応じられません。ノイズゲートの回路規模が大きいため、プリント基板で設計しています。会社ではずっと映像系を設計していたので、プリント基板のデザインはオーディオ的ではなく高周波的です。オーディオにとっても、経験上むしろこちらの方が性能は良いです。(性能を度外視して音質うんぬんの話をする人がいますが、そういう議論は嫌いです。)

101108tubedriver3
プリント基板の向こう側を覗くと…真空管が見えるのですが、分かりづらいですね。

この機材は、実は1つしか作っていないのでスペアが無いのです。部品はもう1台分あるはずなので、ヒマを見つけてもう1台作っておこうかなぁ…と、9年前位から思っているのですが…(苦笑)。

| | コメント (2)

不良な接触~第1章~

101108parts
「接触不良」と書くと普通ですが、書き方によっては、何だかドキドキしてしますね。

現場機材ですから、接触不良らしきものが見つかったらすぐに修理しておくのが基本です。今回は、まずは「SOLO BOX」という自作機材のフットスイッチ交換から。使用するスイッチは、写真右側のミヤマ電器DS-008です。実は今回、このスイッチ選定に迷いました。このスイッチ、踏んだ時にバチバチと音がうるさいのです。静かなものもあります。例えば、フジソク8Yシリーズがそうです。ただ…信頼性の面で新部品を採用するのがちょっと怖くもあり、今回は実績のあるミヤマ電器製にしました。

101108solobox1
修理する「SOLO BOX」とはこんなもの。まるで粗大ゴミのような外観。
2007年に設計製作し、ほとんど全てのライブで活躍している機材です。右側スイッチはミュート用。左側スイッチはギターソロ時の音量アップ用。アップする度合いは、真ん中のボリュームで決めます。ガムテープで付けているプラスチック(フィルムのケース)は、誤って足が当たった時の回り止めです。

101108solobox2
外観はオンボロだけど、中身はキレイ(笑)。
9VのACアダプター専用設計なので、現在のPSE法も通ります。チューナー用常時出力(ミュートされない出力)と電源タコ足機能付きで、お得感満載!製作のご要望があればコメントをどうぞ。欲しい人が10人くらい集まったら、外販でもしてみようかなと。

| | コメント (4)

2010年11月 7日 (日)

本日休肝日

101107fishing
何十年ぶりかに、釣り糸を垂れてみました。

子供の頃はとかく研究熱心で、小学生のころは冬の堅い茅の軸を使って浮きを作ったり、木綿糸を巻いて毛針まで作ったりしていました。しかし中学生になり、主な研究対象がオーディオ設計とギターに移ってからは、ほとんど釣りに出かけることは無くなりました。まあどちらにせよ、相当変な子供です。

101107ichigaya
本日は、秋葉原で機材修理用の部品を買ったあと、市ヶ谷で学園祭に顔を出し、駅前の釣り堀で1時間過ごし、徒歩で神楽坂まで散策して帰り、これからいよいよ機材修理するという充実ぶり。まあ、やっていることは子供の頃と変わりませんな(笑)。

101107iidabashi
明日は健康診断なので、本日は休肝日。
本厄の年、何とか健康で居られますように。

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

もうひとつの精神安定剤

101105keio
お父さん達が家路を急ぎ始める電車で、僕らは出勤する。

その溝は、なかなか埋まらなくてね。
「俺達、ミュージシャンだからさぁ…」
なんて、いっそアウトローの悪者を気取ってみたい気もするけれど、妙に周りに気を使う性格が災いして、結局それも出来ずにいる。

それどころか、毎日毎日電車に乗り込むたび、スーツ姿の会社員の方々に申し訳なく思う。
「四十過ぎたいい歳したオヤジが、何だよ…周りの迷惑も考えずでかい楽器持って…どうせ大して稼いでないんだろ?そんなの、社会のゴミだよ…」
そんな声が聞こえてくるようで、しかもそれが当たっているだけに(苦笑)、非常に怖い。でも、売れないミュージシャンなんて、一般の方から見ると、そういう存在だと思う。袋叩きに合わないだけ有り難いと思わなければならない。

けれども、この車両の10%くらいの人々は、きっと僕のギターを聴いている。例えば、水曜夜7時30分の「イナズマイレブン」で。あるいは様々なゲームを通じて。ライブに行かない人でも、きっと聴いてくれているはずだと。

それだけが、そんな場での唯一の心の救い。僕にとって、メディアに露出するということは、音楽的な喜びも金銭的なことも大きいけれど、実は何より精神安定剤的な要素が一番大きいのです。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

渋谷でデート

101104shibuya
渋谷にて、若きロックギタリストとデート。

ギタープレイについて、音色について、機材について、悩みながら真剣に向き合うその姿に、思わず惚れてしまいます。まあ、だいたい惚れやすいんだけどね。

若い時に必要なのは、時間でもお金でも無くて、ただひたすらスキルと知識。
スキルは練習すれば何とかなる。でも知識は、僕のようなオヤジが教えてあげなきゃいけない。

ボリュームペダルを使うとなぜ音が細くなるのか?
電源コードが切れやすい対策は?
マーシャルで歪ませている時、ソロで音量を上げる方法とは?
などなど。

楽器屋を覗くと、大したことのない足元機材が目を疑うような高価で売られています。カスタムメイドのいわゆる「ブティックエフェクター」と呼ばれるものです。でも、適正価格は、きっとBOSSMAXON等の安価なもの。プロユースの機材には、確かに音色のこだわりも重要だけど、それよりも耐久性と安定性。そして何より、トラブった時にどこでも手に入る汎用性なんだと。

そんなウンチクを言いながら、呑み過ぎて途中から記憶喪失。
ああぁ…セクハラとかしていないかなぁ…?してるなぁ…きっと…。
お詫びに、欲しいと言っていた電源分配器を作ってあげるよ…。

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

耐久リハーサル!

101103studio
生徒さん手作りのスウィーツに群がるバンドマン達(特にマサルくん)。

昨日は、とあるボーカルスクールの発表会リハーサル。35曲という大量の曲を、10時間かけて一気にまとめ込んでいく、通称「耐久リハーサル」です(笑)。結構アタマを使うので、甘いものが恋しくなるわけです。18日の本番当日は、やはり3時間ぶっ通しのステージ予定。年に2回の恒例行事「耐久本番」です。

さて、そうやってドタバタしておりましたら、11/22(月)~11/23(祝)に行われる演劇集団"UNIT"のチケットが残り少なくなってきました。以下、改めてご案内させて頂きますので、どうぞお早めにお申し込みくださいませ。

10112223unit
モノローグとギターで紡いでいく、60分の切ない恋のお芝居です。
-----------------------------------------------------------
公演名:「ALISON」ver.B
公演日時(計3公演):
 2010/11/22(月) 19:40開場/20:00開演
 2010/11/23(火) 12:40開場/13:00開演
 2010/11/23(火) 16:40開場/17:00開演
会場:シアターシャイン(阿佐ヶ谷)
チケット:
 前売\3,000/当日\3,200

ご予約/お問い合わせ:
 UNITウェブサイトはこちらから
 メールご予約はこちらから
 もちろん、ライブ会場などで太田に直接でも構いません。
-----------------------------------------------------------

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

代官山の思い出

101031yamanotesen
忘れもしない数年前、その日は代官山の某スタジオで、とあるゲームのレコーディングでした。事前に頂いた資料は、若い作家さんが丁寧に丁寧に手書きした、譜面が添付されていました。
「よし、彼の未来のためにも、精一杯頑張ろう!」
と、気合を入れていたのですが、前日夜に別件打ち合わせが焼鳥屋であり、家に帰ったらまさかまさかの食中毒。夜中ずっとトイレと布団の往復で、のたうちまわっておりました。

明けてレコーディング当日、下痢と脱水症状と微熱とムカムカの中、渋谷駅新南口から代官山方面へ、ゆっくりゆっくり歩いたのでした。ギターは3本。こんな時に限ってローディーの都合が悪く、ひとりぼっちでエッチラオッチラと。しばし八幡通りを登っていくと、スタジオに曲がる角にナチュラルローソンが。思わず「LG21」なるヨーグルトを買って食べ、とにかく今すぐ治るよう祈願しながらスタジオに向かったのでした。
「おはようございます!本日もよろしくでーす!」
と、から元気で満面の笑みを作りながら、レコーディングは何とか無事終了。現場で体調が悪いなんて、口が裂けても言えません。仕事ですから。

そんな思い出のナチュラルローソンのすぐそば(笑)のライブハウス、NOMADで、久々に米澤粋夏さんのサポートをしてきました。いや、やっぱりすごい歌はすごい。30分の短いステージでしたが、十分に伝わったのではないかと思います。太田のガットギターは、歌の前には完敗です。でも、嬉しい完敗だけどね。

101031shironama
帰りは恵比寿側に歩いて、酒屋兼立ち飲み屋で終電まで打ち上げ(笑)。かなり飲みました。ついでに買ったトマトジュース、忘れて帰るくらい飲みました。そこで発見した、ヒューガルデンそっくりの味がするビール。本物と飲み比べたけれど、本当にそっくり。なんじゃこりゃ?しかも189円。安い!街で売ってたら、買ってみようっと。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »