« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

回路設計がしたい

100930kairo
最近、回路設計をする機会が少ないのです。

上の回路図は、以前、某ベーシスト用にカスタム製作した"A-B BOX"の入力回路。これが思った以上に音質が良くて、今後、自分用の機材もこの回路で行こうと決めたのでした。やはり、アナログ波形伝送は静特性じゃない。動的なスルーレートの良さが必要ですね。

ステージで使う、"DI付きアコースティックギター用プリアンプ"を作りたいと思い始めて3年余り。いつになったら叶うことやら…

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

池袋は往復30km

100926dsi
「えーっ!?近所のY電機じゃアカンの?」
「だって、ポイント貯めてないもん。」
「吉祥寺は?」
「あれはYカメラ。微妙に違うねん。」
「はーっ…池袋かぁ…。」

ということで、ニンテンドーDSiとやらを買いに、池袋まで往復30kmのサイクリング。ママチャリの41歳と6段変速の11歳。いつものように目白通りを飛ばしたのですが、おお、意外とちゃんと付いてくるねぇ。感心感心。

100926meter
「割と楽しかったやろ?」
「いや、楽しくはない。」

あ、そう。俺は楽しい。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

私生活がだらしなさそうな先生ランキング

100926torikawa
某学校で、「私生活がだらしなさそうな先生ランキング」第2位になりました。
惜しい!次回は「性生活がだらしなさそうな先生ランキング」で、優勝を狙います!

写真の鶏皮で飲みながら、学生アンケートなどを見ております。
回答なんか挟んじゃったりして…。

1)部屋の掃除、苦手そうだぁ。
  なので、得意な人と一緒に住んでいます。
2)家に帰ってなさそう…
  むしろ、もう少し無断外泊が多くても良いような気がしますが。
3)夏は扇風機の前から動かない。
  残念ながら、扇風機を持って動きます。
4)冬はこたつから動かない。
  実は、冬は最も活動期なのです。デブだから。
5)ゆるそうな感じだから
  ニコニコしながら、ひどいことを言う芸風です。
6)女の子を泣かしていそう
  こちらが泣かされるタイプの女性が好きです。
7)男の一人暮らし=干物男
  いやいや、一人暮らしの時が一番潤っていました。
8)ツッコミどころが満載
  そういう芸風です。
9)家ではパンツ一丁!
  残念ながら、パンツもはきません。
10)仕事が忙しくて他の事を妥協していそう
  残念ながら、そこまで忙しくありません。
11)家事も得意そうだし、とてもマジメなイメージがあります
  家事は得意だけど、この通り不真面目です。
12)意外にシャキシャキ
  確かに、現場で舞台撤収を手伝い過ぎて、恐縮されます。
13)口説き上手そう。
  いつも口説く相手を間違えて、人生めんどくさいことになります。
14)奥さんに財布を握られていそう
  それが美学です。男は稼ぐ人なのです。
15)飲んで帰ってきた後、そのまま寝ちゃってそう。
  寝る前に、家でもう一杯は必ず飲みますけどね。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

息子の方が目立ってる…

先日の伊藤賢治さんコンサートの模様が、こちらのインターネットニュースに載っていました。
何の仕込みも無いトークだったから、全く内容覚えていないや…(涙)。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

スタジオ掃除

100925guitar
久々に全部並べてみました。

7月以来、非常にドタバタした日々が続いておりまして、なかなか整理整頓もままなりませんでした。あまりにグチャグチャな部屋だとモチベーションも下がってしまうので、久々に自宅スタジオの掃除など。

自宅スタジオというと聞こえは良いですが、僕の場合は、単にマンションの四畳半一室です。この「四畳半」というのが実はくせ者で、縦横高さがほぼ同一寸法(いわゆるサイコロ状)なので、部屋の響き(定在波)が同じ周波数に固まります。このため、部屋を斜めに使って、出来るだけ定在波の影響から逃げるようにしています。
100925studio
あと特徴的なのは、ラージモニタースピーカー(自作)を置いていることでしょうか。レコーディングスタジオでは当たり前ですが、個人制作スタジオでは珍しいかも知れません。制作はほとんどスモールモニター(SONY SMS-1P)で行いますが、ミックスの際の低域の感じを、ラージモニターで正確につかみたいからです。

100925speaker

余談ですが、ラージモニターは特に振動板が軽いやつが良いと思います。スタジオによくあるGENELECのラージモニターなどは、低域再生のため振動板を重く設計しています。このため反応が鈍く、どんな録音でも均一に鳴ってしまう傾向があります。良い音はそのままに、悪い音もそのまま鳴ることが、モニタースピーカーの使命です。ミックスの最終確認はスモールモニターで行うことを考えると、実はラージモニターは、世間で言われるほど周波数特性がフラットじゃなくても良いのではないか…というのが、僕の持論です。

さて、掃除機掃除機っと。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

愛されキャラの作曲家

100923itoken
愛されキャラの作曲家。伊藤賢治20周年記念コンサート。

これぞみんなのイトケン。いやぁ~盛り上がりましたねぇ。川島和子さんのスキャットも冴えわたっていて、もう30年も前の「宇宙戦艦ヤマト」がシーンの数々が、目の前に繰り広げられるようでした。ゲーム系の楽曲達も盛り上がり、いわゆるバトル曲では600人を超える大手拍子大会!圧巻でした!

バンドは、いわゆる4リズム+弦カルテット+ボイス。みなさん凄腕かつ良い人でサイコーです(笑)。またご一緒できるのを、楽しみにしたいと思います。

Piano 伊藤賢治さん
Voice 川島和子さん
Violin 依田彩さん
Violin 阿部美緒さん
Viola 元井信さん
Cello 柚木菁子さん
Guitar 太田光宏
Bass 吉池千秋さん
Drums 滝山清隆さん

終演後、見に来られていた向谷実さんが楽屋に。
「ああ、太田君!今度、難しい譜面書いて行くからさ!オールユニゾンでやろうよ!」
「は、はい!ありがとうございます!」
ひ、弾けるかなぁ…。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

天気雨

100923satsuei
近所の公園にて、先日、写真撮影をしました。
そんな日に限って、天気雨。
でも、なかなかの写真が撮れたんだ。

本日の伊藤賢治コンサートも雨予報ですが、みなさまお足元にお気をつけていらしてくださいね。素晴らしい音達が、みなさまをお待ちしていますよ。

| | コメント (2)

2010年9月19日 (日)

ライブのご案内など

100918studio
無事にミックスダウンも終了。
「今回は38cm/sにしようかなぁ…。」
「あれ?今までは違ったんですか?三住さん。」
「前回だけは、76cm/sでキレイな音を狙ったんですよ…。」
「あ、なるほど。今回はガッツ重視で(笑)。」
というわけで、今回もガッツリ、アナログ1/2インチに落としてもらいました。会話内容が分からない学生は、アナログテープのヒステリシス曲線を見直すように。単位時間当たりの磁性体量により、最大磁化レベルが変わります。

さてさて、ライブも迫ってきたので告知など。

----------------------------------------------
2010/09/20(祝) オオフジツボワンマンライブ
会場:西荻窪:音や金時
開場18:30/開演19:30 \2,600

おなじみのオオフジツボ。いつもの音や金時さんです。新曲なんかもあったりして。ということは、2ndアルバムの曲は揃ったかも…。いつもの通りご予約不要なので、ふらりとお越しくださいませ。(お客様の入りが早い傾向があります。良い席はお早めに来られることをお勧めいたします。)

----------------------------------------------
2010/09/23(祝) 伊藤賢治 Gentle Echo Meeting Vol.2
会場:銀座ブロッサム(中央会館)
開場16:30/開演17:30 当日券\4,300

作曲家であり同い年の盟友、伊藤賢治さんの芸歴20周年記念コンサート。前売り券は売り切れました。当日券が若干ありますので、15:30より会場で発売予定です。

----------------------------------------------

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

居酒屋ライブ!?

100917studio
「お待たせしました!居酒屋ライブのはじまりはじまり~!」
「まずは、本橋昭宏さんのドラムソロからでーす!」
「次は、田中充さんのトランペットソロでーす!」

うそです。居酒屋っぽい内装ですが、レコーディングスタジオのブースです。
昨日はドラムとブラス、そしてボーカルのレコーディング。編曲を担当しているこの楽曲、実はなかなか満足いくアレンジが出来ず、近年にない難産でした。

けれども、凄腕ミュージシャン達のおかげで、
「あっ!それだよ!それが欲しかった!」
なんて言っているうち、どんどん良いモノに変わっていく様は、
「やっぱり生楽器を入れて良かった…。」
と、ホッとする瞬間です。

実は、僕は意外と緻密なアレンジをする方だと思います。リズム打ち込みも弦のフレーズも、生楽器のシミュレートとしては相当凝るタイプ。それに自分のギターを生録音してデモを仕上げるのですが、それでも、実際の楽器に差し替えると、圧倒的な敗北感が押し寄せます。もちろん、良い意味でね。

さあ、今日は安心してTDに行ってきます。
あ、TDLではありません。トラックダウンですよ。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

ラーメン

ライブ前の空き時間に、380円のラーメンをすする。
ええ、ひとりの時なんて、そんなもんです。

僕が伺ったことのある東京のラーメン屋の中では、「野方ホープ」のバランスが一番好きです。でもね、僕の感覚だと、ラーメンは500円くらいであってほしい。だから、美味いのは知っているけど、あんまり行かない。そんな事をつらつら考えていたら、
「そういえば、学生時代に住んでいた京都のアパートの近所の店は?」
と、ふと思い出しました。確か、えらく安くて、えらく美味かった。

修学院駅前「王府」という店がそれです。
小汚いラーメン屋だったけど、味は確かだったなぁ。当時450円だったかなぁ?僕のアパートからは、有名な「天下一品」本店も近かったんだけど、圧倒的に「王府」に行くことが多かったですねぇ。豚骨系ならむしろ「天下一品」よりも上品な「龍昇」。考えてみると、修学院あたりはラーメン激戦区だったのかも知れません。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

自由を求めて

100913map
なぜ、わざわざ自転車で仕事に行くのか?

その理由はいろいろあります。
・運動不足が気になっているから。
・カラダの老化が気になっているから。
・もっと新陳代謝を上げたいから。
・もう少し痩せて、もう少しはモテたいから。
・上半身を痩せないと、膝と腰が悲鳴を上げているから。

でも、きっと僕の本当の理由は、
・もっと自由でいたいから。

大人になってもうずいぶん経ちますが、きっと僕は他人さんよりも「自由」に対する執着が大きいんだと思います。出来る事なら、満員電車なんか乗りたくない。かと言って、クルマを維持するリスクも背負いたくない。他人にああだこうだ言われたくない。出来る事なら、自分のカラダとアタマだけで、自分が生きるための全てを掴みたい。

会社員をやめてもうずいぶん経ちますが、ひとつ分かったことは、実は僕は会社員に向いていなかったということ。そりゃそうだ。全部自分でやりたいんだもの。

だから、昨日も呑気に自転車で三ノ輪(上野の近所)まで、往復48kmの東京散歩。仕事ですが…。
予想以上の疲労に、カラダは戸惑っております(笑)。

| | コメント (2)

2010年9月12日 (日)

初秋の東京見物

100910kayabacho
先日のプレゼンは茅場町。
海に近いところの気質って独特で、いわゆる山の手とは違う。それは、僕のふるさと大阪の弁天町あたりでも同じです。不思議ですね。ただそこに海があるだけなのに、ちょっと大らかな心持ちになる。

100910asagaya
昨日は久々の阿佐ヶ谷。
名物は、天を覆い隠すようなけやき並木。秋には紅葉が美しい。

100910juju
で、打ち合わせの後は、何ともぜいたくな感じで東京に乾杯!
マルチョウとレバ刺しお願い~!
と叫ぶ、あぁ関西人…。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

デジカメを買いに行って…

100910pentax
デジカメが壊れてしまい、来たる運動会前に(安価なものを)量販店に買いに行きました。PENTAXの"Optio H-90"。きっとこれは人気商品でしょうね。明るいレンズに必要十分な機能です。

「では、何かあったらいつでもご相談ください!」
と、販売員から出されたのは、別メーカーの(ヘルパーの)名刺。
「あっ!そうでしたか…ご苦労さまです…。」
と、とっさに声をかける自分。
「時代は変わったなぁ…。」
実は、ボーナス商戦などの家電繁忙期は、工場勤務の技術者でも"メーカーヘルパー"として販売店に立つ機会があります。僕も、何度か経験しました。ただ、今と違うのは、絶対に身分は明かさなかった。あくまでもその店の販売員の顔をしながら、お店とメーカーの良好な関係も維持しながら、自社製品の大量ノルマをさばいていくというのが、メーカーヘルパーの職務でした。まあ、悪く言うと"詐欺"です。

その時代に比べると、家電流通業界も多少は健全になったかなと思います。少なくとも"詐欺"からは脱した。しかし、名刺を見て思ったのは、大手メーカーが、わざわざヘルパー養成専門の専門会社を起こしているという事実。確かに、力関係から、流通業界に無償ヘルパーを提供しない限り、自社製品の売り上げがほとんど無いという現状は理解出来ます。しかしながら、そのためだけに、専門会社を立ち上げざるを得ないメーカーの立場って…どれだけ弱いんだと思います。

「太田さん…」
「どうしました?フロアー長!」
「最近暑くてさぁ…ワイシャツが汚れてしょうがないんだよねぇ…。」
「おおっ!そうですねぇ!大変ですよねぇ~。」
という会話が店であったという事実を自社営業マンにしたら、次の日にあわてて新品のワイシャツを2着、店に持って来たという実話。そのぐらい、第一線の流通業界は物凄いところだと。それでも、僕は自社製品をしこたま売りましたよ。だって、それが仕事だもん。こいつらにだけは、死んでも負けてたまるかと。ヘルパー仕事が終わると、絶対にその店には足を運ばなくなります。それは、自分の中での縁切りです。

そんな経験から、僕は音楽流通業界というのは、なんて健全な所かと思っています。たとえばCDショップに"オオフジツボ「空の鼓動」"の営業に行って、一度たりともバックマージンを要求されたことはないし、もちろんカラダを要求されたことも無い。そんなクリーンな業界、他にありますか?大概の業界は、
「それで?太田さん。僕にメリットは他に無いの?」
と言われると思いますよ。

こんな裏話を専門学校で話したら…、社会に出たくない若者が増える事請け合いです。でも、我々はそんな中でも戦って行かなければならない。とにかく何が何でも明日の飯を食って行くしかない。そんな心構えについて、これからも話していきたいと思います。芸術とか音楽性とか、そんな甘っちょろいことを言っている前に、とにかく明日の飯を食うんだと。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

伊藤賢治リハーサル始まりました!

100906studio
イトケンこと伊藤賢治さんの20周年記念コンサート"gentle echo meeting 2"のリハーサルが始まりました。

今回は、スキャットの川島和子さんも交え、4リズム+弦カルテットの豪華編成。ミュージシャンも第一線の方ばかりで、独特のカッチリ感が、とっても気持ち良い。やはりバンドはこうでなくっちゃ。

前売り券が残り少なくなっているようなので、ご予約はお早めに。

---------------------------------------------
   伊藤賢治 gentle echo meeting 2
---------------------------------------------
日時:2010年9月23日(祝) 開場16:30/開演17:30
会場:銀座ブロッサム(中央会館)
価格:前売\4,000/当日\4,500 (全指定席)
出演:伊藤賢治(Piano)
   川島和子(Voice)
   太田光宏(Guitar)
   吉池千秋(Bass)
   滝山清貴(Drums)
   依田彩カルテット
    依田彩(vln),・阿部美緒(vln),元井信(vla),柚木菁子(vc)

詳細はこちらから
---------------------------------------------

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

和田帝釈天通り

100904taishakuten
演劇関係の打ち合わせで、東高円寺。

おだやかな商店街を見守るのは、和田帝釈天。寅さんで有名なのは柴又帝釈天ですが、いやいやどうして、杉並のここら辺も、なかなかぶっ飛んだオヤジやオバちゃんが多いですよ。近所の蚕糸の森公園で缶ビール空けるも、また良し。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

1時間半の逃避

100903sora
夕方の空が高く見えるのは、秋の気配だろうか。

めずらしく編曲に煮詰まり、気分転換に自転車で行ったプール。
相変わらず子供だらけのプールで、たかだか300mほど泳ぐ。
帰り道には、練馬名物、広大な芝畑。
その向こう側には、JRマークの高圧線。

この景色だけ見ると、僕らが子供だった頃と一体何が変わったんだろう?
そんな風に思えてくる。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

DAM

100502ryouma
龍馬を愛した女 / 真咲佳世

編曲させていただいたこの曲が、早くも通信カラオケDAMに入ったそうです。
さあ、みんなで歌ってくださいませ!

試聴特設サイトはこちら

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »