« 腰痛なんか怖くない | トップページ | Pinky Piglets »

2009年2月22日 (日)

ガットギタープリアンプ部の修理

090219fishman1

ライブで使用しているガットギターが、現場によっては大きなハムノイズ(ブーンというノイズ)を出すことがありました。でも、ライブハウスだと大丈夫だったり、DI(ダイレクトボックス)経由だと大丈夫だったりしたので、「グラウンド周りの問題である」ということ以上は、なかなか原因がつかめませんでした。ピックアップシステムは、上の写真の通り、Fishman社のピエゾとマイクのブレンド型"Pro Brend"というモノです。
「うーん…一度、楽器屋に修理依頼しようか…」
とも考えたのですが、再現性が100%ではない症状って、修理依頼をしても大概直りません。メーカーや楽器屋も、その楽器特有のノウハウの蓄積が無い限り、状況が再現しないと原因が特定出来ないからです。第一、楽器屋の電気技術をほとんど信用していない僕が、よりによってそこに頼ってどうする。仕方がない。今回も自分で何とかするしかないと、腹をくくりました。

幸か不幸か、先日青森ツアーの時に、「ピエゾ100%」の状態ではノイズが乗らず、内蔵マイクをブレンドするに従ってハムノイズが増えることが分かっておりました。この現象から、
「これは単純にシールド性能の問題だ!」
と確信していました。ご存じの方も多いでしょうが、コンデンサーマイクの出力電圧というのは非常に小さく、プリアンプ内蔵型でも約-45dBu(5mVrms)程度です。レコードプレーヤーのカートリッジの出力電圧とほぼ同等です。従って外来ノイズの影響が大きく、シールドのためマイクアンプ回路全体を金属カバーで覆います。おそらく、そのカバー部分のシールド性能が落ちているんだろうと。それで、元々電源ノイズが飛び交う現場では、「ブーン」というハムノイズが発生するのだろうと。

090219fishman

で、先日のリハーサル前日にガットギターのプリアンプ部を開けてみました。写真では見えづらいですが、下の緑色が回路実装されているプリント基板、そして左上にそれを覆うシールド板があります。この時点で、ほぼ原因が分かりました。基板とシールド板はネジで共締めすることにより接触しているのですが、長年の湿気や埃などが入ってきて、プリント基板とシールド板の金属接触部がくすんでいます。これにより、接触抵抗が増加し、結果としてシールド性能が落ちていると考えられます。
「うーん…でも、どうやって接触圧を稼ぐかなぁ…。まずは磨いてみるか…」
ということで、とりあえずアルコールで接触部を磨き、多少汚れを落としたところで、
「あっ!思いついた!」

090219sym

これは何の変哲も無いワッシャーですが、これを基板とシールド板の間に挟むことによって、面接触から点接触に変えてやることでガッチリと接触圧を上げ、結果として接触抵抗を下げるということを思いつきました。早速お試しです。

結果、今までの悩みがウソみたいに、リハーサルスタジオの比較的劣悪な環境でもノイズは全く無くなりました。うれしい!これでツアーも安心です!

まあ、これもあまりにマニアックな話題ですがね…
誰が読むのだろうと思いつつ書いております(笑)。

|

« 腰痛なんか怖くない | トップページ | Pinky Piglets »

コメント

プリアンプ内蔵のギターは色々な集音方法がありますが、ギターはそのたびに振動しているし、アース不良によるノイズが発生しやすいのでしょうか。たまにはバラして見るのも必要ですね。

投稿: ツン | 2009年2月28日 (土) 15時46分

ツンさま
そうですね。振動で緩みやすいというのもあります。また、それ以外に、やはりライブ現場を持ち歩くものですから、湿気とか埃とかが多いのでしょう。
特にアルミは表面に酸化膜が出来ますから、あまり接触シールド素材としては良くないような気も…するわけです。
中をバラすと一目瞭然ですね。

投稿: うたもの | 2009年3月 2日 (月) 22時21分

太田さん、はじめまして!

山下と申します。

長くなってしまいまして、すみません。
私は
ギターとウクレレを弾いています。

太田さんの使っているギターのピックアップと同じピックアップが乗っているギターを使っていますが、ガリと音量の急激な変化に悩んでいます。

もし時間があれば答えていただけたら嬉しいです。

12・3年前に買った
テイラーのns72ceというガットギターを弾いているのですが、
ここ2年ぐらい、ある程度の音量で出力して弾いている時に限って、半年に一回ぐらいの確率でライブの途中に急に音が物凄く大きくなって、バリバリとノイズが出ます。

その時はだいたいソロパートなんかでギターのプリアンプのボリュームをMaxにして手元でも強く弾いた時に急に音が大きくなって、バリバリとなります。

その後しばらくは
音量は5倍ぐらいになりますので、慌ててボリュームを下げて弾いていると、また元の大きさになって聴こえなくなるので、上げます。

今日は演奏中にそれを4・5回繰り返して、ハラハラしました。

去年の夏頃に
一度リペアに持って行きましたが、ピックアップをバラしてクリーニングしてもらって、しばらく症状は治まっていましたが、半年ほどして、今日演奏中に症状が出てしまいました。

一緒にいたベテランのベースの方は症状からして、コンデンサーが壊れてるんではないかと言っていました。

またリペアに持っていっても良いのですが、恐らく症状が出ず、直せない気がします。

ネットで検索したら太田さんの記事が見つかり、突然ですがコメントさせていただきました。

太田さんの記事にも書いてありますが、私はリペアの方のネックやフレットなどを調整する能力は確かだと思っていますが、プロブレンドのような一部のギターにしか使われないピックアップなどの電気系統の知識は浅いのではないかと考えています。

しかも滅多に出ない症状ですので、たまたま持って行った時に症状が出ないと直してもらえないのではないかと考えています。

自分で勉強して、なんとかする以外にないのかなと、悩んでいます。

上に書いた症状ですが、もし何かわかることがありましたら教えていただけないでしょうか?

接続はギターからカナレのシールドを使い、zoomのg3xというマルチを使って、リバーブだけかけて、diアウトからキャノンケーブルでミキサーに接続しています。

シールドは以前症状が出た時に買い換えましたので、問題ないと思われます。

エフェクターの可能性もありますが、まだしっかり確認できていません。

投稿: 山下 | 2016年4月23日 (土) 22時00分

山下様
コメントありがとうございます。なかなか電気系は厄介ですね。症状から察するに、ご友人の言われる通りコンデンサ不良だと推測します。信号に直流分を重畳する際に「カップリングコンデンサ」という部品を用いますが、ここに電解コンデンサを使用すると経年変化でリークが発生し、後段回路の直流動作点が変わってしまい、誤動作をするという現象です。対策としては、該当部品の交換しかありません。

比較的よくある症状ですので、PUメーカーにご相談されれば対応してくれるのではないかと思います。ご検討いただければと思います。

余談ですが、私の場合はこのエレガットの電気系を心配しながらライブを行うのに疲れたため、自分でガットギター用のピックアップを作ってしまいました。こちらのリンクになります。もし、修理が面倒になったらこちらもご検討下さいませ。
http://homepage3.nifty.com/m_ohta/hnp/products/ggpu_v10/

投稿: 太田 | 2016年4月24日 (日) 11時11分

太田様,お世話になります。当方,島村楽器のオリジナルブランドHistoryのHEG120というエレガットを所有しているのですが,エレガットにつきもののハムノイズに悩まされています。一度メーカーに修理を依頼しましたが,「本来ならプリアンプ自体を交換すべきところですが,既に当該プリアンプは生産終了となっており,それが叶いません。シールド処理で対処するしかない状況です」とのことで,仕方なくシールド処理をお願いしたところです。しばらくはそれで問題は解消していましたが,以前ほど大きくはないものの,最近またハムノイズが出るようになってしまいました。それで,最早自力で何とかするしかないのかなと思い,対処法を探すべくいろいろ検索する中で太田様の記事に行き当たったわけです。それで,ご自分でガットギター用のプリアンプを作られたとの記事を拝見し,HPを拝見しようとしたところ,「ページが見つかりません」となってしまいました。ご自作のプリアンプについて,是非ご教示いただけないかと思い,コメントさせていただいております。HEG120は,いわゆるソリッドタイプのエレガットで,1ボリューム,1トーンの仕様となっております。いろいろとアドバイスをいただければ幸いです。

投稿: ヨッシー | 2018年3月 8日 (木) 08時46分

ヨッシー様
見つけていただきありがとうございます。私も、プリアンプのハムノイズの問題から、エレガットを使わなくなってしまいました。そこで自分で設定したのがGGPUというもので、ページ移転して以下URLにあります。
http://hnp.music.coocan.jp/ggpu/
ただこちらも、部材の関係で現在生産終了しております。申し訳ありません。何か参考になることがあるかもしれませんので、どうぞご覧ください。

投稿: 太田 | 2018年3月 8日 (木) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腰痛なんか怖くない | トップページ | Pinky Piglets »