« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

ひと駅散歩

打ち合わせの移動の合間、ぽっかりと空いた2時間を利用して、ひと駅散歩。いや、2時間もあればもっともっと歩けるでしょうが、別にウォーキングが趣味なわけではないので、寄り道も兼ねてね。

渋谷から新大久保まで電車で移動し、まずは大好きな中古楽器屋(笑)にていろいろ物色→試奏→物色→試奏→物色→試奏→耳の保養になりました。特に買うつもりはありません。

新宿~大久保の町並みも好きなのですが、今日は学生の街、高田馬場まで歩いてみることに。山手線の内側を歩くと、きっと延々ロッテの工場になってしまいそうなので、外回りで。

070430ookubo

ひとしきり続いた大久保の喧騒を抜け出すと、意外と優雅な山手線の線路わき。電車から見える景色とはまた違って、東京グローブ座生垣の皐月もゆったり咲いています。今日は公演はお休みのようですね。さて、そろそろ喉が渇いてきた。

070430kandagawa

♪去~年の あ~なたの 思~い出が~♪
いや、そうじゃない。
♪あなたは~ も~う~ 忘れたかしら~♪
高田馬場の駅前の喧騒は大久保ほど情緒が無くて、正直、あまり好きではないのですが、神田川まで来ると不思議と落ち着きます。

実はいままで、下町に住んだことがありません。学生時代も京都の修学院という閑静な住宅街でした。上京してからも、住む所は(主に経済的理由から)郊外のベットタウン。だから下町への憧れが、人一倍強いのかも知れません。この神田川の風景は、かつての東京への憧れと、今の下町への憧れが重なって…

070430zeitakuhiyori

あれっ!俺ったら、いつの間に…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

久々のオフ

070426kajoudoufu

気ままな昼食に、家常豆腐丼など作ってみる。無意味に大きな器は撮影用(笑)。
あっ!雨が降ってきた。洗濯取り入れないと…

毎週水曜は、朝一から新たな講義も加え3本が重なって、先生の喉も限界。昨日最後のギターレッスン前の待ち時間、自由が丘駅前のマクドにて一休み…と思ったら、高校生の巣になっていた(泣)。来週からファーストキッチンにしよう。あっ、変わらない?じゃあドトールにしよう。こちらは横柄なビジネスマンの巣だけど(泣)。

喫茶店の高校生たちの会話って、はじめの10分はウザくてどうしょうも無いんだけど、だんだんそのアンバランスな面白さに気付きます。テレビ番組で言うと、"恋のから騒ぎ"のようなものかな。無責任の衣を着て精一杯肩肘張っているんだろうけど、言葉の端々に表れてくる彼らの内面は、意外と華奢で純情でグレていない。

僕らが高校生時代、大阪は岸和田の田舎で、やっぱり楽器持ってたむろして横柄な態度でタバコ吸ってコーヒー飲んでました。スタジオ内で喫煙して、出入り禁止になったところもあったなぁ…。子供のいじめ問題などを取り上げて、"時代は変わった"なんて思うこともあるけれど、きっと彼らの本質は何も変わっていないんでしょう。

大人はどうなんだろう。誤解を恐れずに書くと、
「不躾な質問で大変失礼ですが、あなた何様ですか???」
と思うことが増えました。ここ10年ほどの間で、本当に増えました。
♪サラリーマンは~気楽な稼業と~♪
なんて歌っていたのは故植木等さんですが、まあ当たり前だけど気楽な稼業ではない。けどね、そんなに横柄に気取るほどのものでもないよと。一流ビジネスマンも、お気楽なミュージシャンも、家に帰ればただのオヤジやん。

なーんてね。


明日はお気軽ライブでーす!みなさま来てねん。
--------------------------------------
重森光代とうたものギタリスト
2007/04/27(金) 虎ノ門ぬーどるバーnude
Start 20:30/21:30/22:30 3ステージ
\500 + 呑み代
--------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

ふとんでよかった

070424seibu

風が強かった先日、急行電車が江古田駅の踏切を過ぎたところで、突然の急停車。
「あ~っ!やっちゃったのかなぁ…」
「えらい電車に乗っちまったなぁ…」
乗客の誰もがきっとそう思いました。しかし、その後聞こえてきたアナウンスの内容は、いい意味で耳を疑うものでした。
「お客様にお詫び申し上げます。ただいま、前方線路上に『ふとん』を発見いたしましたため、運転士が除去作業を行っております。お急ぎのところ誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただけるようお願いいたします。」
「えっ…?(笑)」
で、急行電車は次の桜台駅に臨時停車。運転士が駅員さんに渡したのは、赤ちゃん用の肌布団でした。まあ飛んでいきそうだこと。いやいや、止まるのが遅れれば危うく惨事になるところ。ちゃんとベランダに固定してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

美しい!

070421cajon

"重森光代とうたものギタリストwithとーる"
写真はリハーサルで発見した、とーるさんのカホン「嘉穂子」の美しいトラ杢。今回のステージも懐かしい曲を追加して、自分達なりの解釈で演奏させていただきます。ちなみにとーるさんは自身の日記でセットリストを公開しちゃってます(笑)。チャージはたった500円で3ステージ聴き放題呑み放題(呑み代は別途ね)。GW前のひととき、よろしければ是非。

--------------------------------------
重森光代とうたものギタリスト
2007/04/27(金) 虎ノ門ぬーどるバーnude
Start 20:30/21:30/22:30 3ステージ
\500 + 呑み代
--------------------------------------


070421pcb

さて、美しく部品を並べたこちらも試作検討完了。民生オーディオに真空管を使うと、やや過剰マスタリングしたような音になって聴きやすいですねぇ。電流流しすぎると単なるオーバードライブですが(笑)。現物と各種報告書を提出して、5月からはパワーアンプ部設計にとりかかります。

日本初、プロミュージシャンが設計する音響機器(笑)。量産をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

品が無い その2

選挙カーも終盤戦になると、政策もへったくれもなく、無意味な名前連呼型が多い。名前を覚えたからって票を集められるほど、世間の有権者は甘くないと思う。

関係ないけど、駅前の携帯屋で、あるキャリア(携帯電話のね)のキャンペーンをやっていました。
きっと、選挙期間中の店頭キャンペーンっていうのは、時期が悪いんでしょう。技術のあるMCの人達は、ギャランティーの高い「うぐいす嬢」の仕事が忙しいため、なかなか店頭のMCに呼んで来られない。事情は分からんでもないのです。

でもね…それでもあえて、僕は携帯電話会社に言いたい。
「店頭MCは、若ければそれでいいのか?」
JRのモバイルスイカ導入の際に都内各駅で繰り広げられた、あのキャンペーンのクオリティーを参考にして頂きたいと。厳しい人混みの中にあっても、的確な案内、分かりやすいMC、そしてピリッとした出で立ち。それがプロの仕事だと思います。

学生イベントコンパニオン(推定)の方を安く使ってMCをさせることで、一見コストパフォーマンスは高いかも知れないが、それは確実に企業の品格を落としますよ…と。

でもそれでも集客があがるならば…それは、我々買う方の品格の問題かも知れません。。。選挙戦同様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

美音追求

070420preamp

アルバム"カタン -cotton"のプリマスタリング音源で、試作中のオーディオアンプの音質チューニングをするの図。倍音を豊富に含んだみとせのりこさんの声は、実はこういう用途にもぴったり(失礼)。

真空管特有の"艶"と"歪み感"の境目で、アイドリング電流設定も右往左往…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

癒やされる1枚

070418dsound

ミックスダウンに立ち会いのため、再びスタジオD-Soundへ。
編曲担当としての口の挟み方って、いや~まったく…全然慣れません。僕、売り屋さんじゃないし…(笑)。
でも今回のアルバムは、純粋に「いい物を作ろう」という意思のもと各担当が集まっていることもあり、編曲意図もミックスの指向もほとんどお任せいただいたりして。ステキな現場です。

そのアルバムとは、
------------------------------------
カタン -cotton- / みとせのりこ
KDSD-00150 \3,150
2007.5.23 ON SALE
公式サイト: http://www.team-e.co.jp/cotton/
------------------------------------
なんと、唱歌アルバムです。おなじみの文部省唱歌を、声楽でもクラッシックでもなく、変貌自在なアレンジとみとせのりこ氏の歌心でつづった稀有な1枚。まあ詳しくは、公式サイトで。(日々更新していくそうです)

そうそう、慣れないといえば、写真のモニタースピーカーNF-1。スタジオで聴く機会が増えてやっと最近耳慣れてきましたが、初めはあまりにNS-10Mと違うので、
「あれ?こんなに中高域が無くて大丈夫かしらん?」
「ギター低域多くないですかねぇ?」
てな感じ。もちろん、NS-10Mのクロスオーバー周波数の鼻づまり的なピークと、密閉型ゆえの低域の無さに慣れていただけなのですが…(笑)


最後に宣伝。明日は"pesca voce"のライブです!

------------------------------------
2007/04/20(Fri) "pesca voce"ライブ
虎ノ門 ぬーどるBar nude
Start 20:30/21:30/22:30 3ステージ
ミュージックチャージ \500 (3ステージ共通)
------------------------------------

お気軽に呑みに来てくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ないものねだり

テレキャス1本、オールドマーシャルに直挿しして、
「これがロックだぜ!」
って。

そのくらい、本当は不器用になりたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

品が無い

西武線の池袋駅とか、東横線の渋谷駅とか、太い柱までもがみんな広告スペースになってしまいました。しかも先日の渋谷駅の巨大柱広告は、

「あの娘の写真が待ち受け画面に!チェケラッ!」

というものでした。駅全部がそれ。すごいねぇ。きっとそのうち、

------ PRPRPR -------
激安賃貸マンション出現!!3LDKで月額\50,000より!!
(但し、1ヶ月に1回外壁全面広告塗り替えあり)

激安レンタカー情報!!2tトラックが1日何とタダ!!
(但し、エンジン始動と共にアルバム宣伝音楽および電飾が付きます。)
---------------------

とか出現するに違いない。きっとメールの下のほうに付いてくるに違いない。いや、もうあるかも?


ああぁぁぁ品が無い。

でもこれは、見る方の我々の品性を反映しているのですよね。自戒。
音楽制作するにあたっても、いろいろ考えるところもありますが、それはまたそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

癒やされない

070411kiban

「真空管のほのかな灯りに癒やされながら…」
なんて言っている場合ではなく、先日の基板にとりあえず半分くらい回路を載せて、検証作業。

070411tube

基板上は部品の山ですが、これは音質を重視するフルディスクリート設計のせい。こんな風に自分の思い通りに設計できる醍醐味は、僕のようなフリーの委託設計工房ならでは。メーカー勤務時代は、なかなか難しかったもんなぁ…。
ただ、こういう正攻法の設計も、最近はトランジスタ(特に初段FET)の種類が少なくなり、やりづらくなりました。今回は、何とか確保してもらった面実装J-FETを使用。これが現在のアナログアンプのボトルネックで、各社相当苦労している模様。

で、つかの間の回路設計も、本日で一旦中断。明日からはまた音楽制作にキリカエ。
あっ!今日は専門学校の入学式じゃないか…まずーい!早起きしなければ…いや、寝れないよ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

これなーんだ?

070407kiban

こちらも順調に仕上がってまいりました。

ん?なんだこれはって?
製品試作用のプリント基板でございます。

驚くべきは、全く設備投資無しに、回路CADや基板CADが手に入るこの時代。
思えばまだ高校生の頃、オーディオアンプの回路を設計したはいいが、プリント基板を書くツールはマジックひとつ。パターンを基板に直に書いて、自分でエッチングしていました。
それが、今やフリーのCADソフトで細かいパターンも自由自在。設計技術さえあれば、簡単にメーカーレベルの基板が設計できます。部品もネット通販。怪しげな秋葉原の裏通りで、部品を求めてさまようのは勘弁ですものね。さあみなさん!これからは音響機材は自分で設計する時代!(ウソです)

さてさて、そんな現実逃避はともかく、性能出しと納期との戦いが、またしても始まってしまいました。ウチのような委託設計だと、24時間稼動出来てしまうのが良いやら悪いやら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

この道

070403nishikokubunji

この道は いつか来た道
ああ そうだよ

そんな風景を堪能しながら、太田編曲のボーカルディレクションのため、初めてのスタジオ、西国分寺のD-Soundへ。
余談ですが、D-Soundとは、業界では有名なドラムサンプルCD"Real Aco Drums"を制作/販売しているところでもあります。スタジオ内も、確かな理論に裏打ちされたマニアックなこだわりが多数あって面白いのですが、それはまた別の機会に…

ボーカリストの透き通る高音を生かして、やや大げさに描いた何本ものコーラスラインがどういう雰囲気になるかと心配していました。が、結果は(手前味噌ですが)素晴らしいものになりました。いやぁ~惚れた。

そろそろ公式サイトもオープンしているようなので、発売が近づいてきたら告知させていただきますが、本当にいいアルバムですよ。僕のアルバムじゃないけど…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

タタキアゲ

070402ichigaya

今年度から講師をする専門学校での打ち合わせに、桜満開の市ヶ谷へ。初めて大教室の教壇に立ち、イメージトレーニングさせてもらいました。なるほど、これはかなりの緊張ですわ。ギターの個人レッスンとはわけが違う。

専門学校にも師匠にもお世話になった経験の無い僕の授業テーマは、「タタキアゲ」。
正面から学校に入って、お金を払って勉強させてもらうよりも、きっとどこかの事務所にコネで入って、ちょっとのお金を貰いながら怒鳴られながら泣きながらでも仕事をまとめこむ方が、きっと100倍早く覚える。だから、仕事のレベルを問わなければ、早く金を稼いだ方がいい。
けれども、この音楽(音響)業界、限りなくウソに近い迷信や、理論的には成り立たないノウハウも多く、それを信じて仕事をすると一流にはなれなかったりする。専門学校はその基本を教えるエリート養成機関。
いささか変な職務経歴を持つ僕の役割は、きっと、生ぬるくなりがちな学生に、
「いいねぇ~!一生そのスタンスでやっていけば人生楽しいね。でも飢え死にするよ。」
ということを教える役割なのでしょう。


で、打ち合わせの後は秋葉原へ。いや、今日は演奏ではなく電子部品の調達(笑)。

070402buhin

これで製品試作を始めると、ますますウチのスタジオが狭くなります(泣)。えらいこっちゃけど、いっちょ今年は頑張りますよ!変な経歴を持つタタキアゲの、腕の見せ所ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またうっかり忘れるところでした

070401shidarezakura

仕事に出かける前にふと思い出して、
「あっ!今見ておかないと散っちゃう!」
で、近所のお寺の枝垂桜。練馬区文化財に指定されているそうです。


さて、こちらもすっかり忘れておりましたが、先日、ギターで参加させていただいた音源がリリースされた模様です(笑)。ボーカルもオケもギターも熱い音源になっております。ご興味ある方は是非!

"織田かおり/Brilliant World"
BJ Girlsのメンバーとして、Sound Horizonのヴォーカリスト”KAORI”としても活動中のSinger”織田かおり”のソロデビューシングルが3月21日発売決定!
疾走感溢れるサウンドに彼女の力強いヴォイスがMixされたタイトル曲「Brilliant World」は、ニンテンドーDS向けシミュレーションRPG「ルミナスアーク」(2007年2月8日発売、発売元:マーベラスインタラクティブ)の主題歌!
その歌唱力を認められ数々のプロジェクトにヴォーカル参加してきた“織田かおり”の魅力を十分に表現した1枚!

"Luminous Arc Original Soundtracks"
ニンテンドーDS向け本格派シミュレーションRPG「ルミナスアーク」(発売:マーベラスインタラクティブ)に使用されたBGMと主題歌「Brilliant World」(game ver.)を完全収録したオリジナル・サウンドトラックが3月21日(水)にリリース!
サウンドプロデュースは「ゼノサーガ エピソード I」「クロノ・クロス」などの作曲をてがけてきた“光田康典”。作曲は光田康典をはじめ、海田明里、景山将太、三留一純と豪華制作陣が参加。主題歌(game ver.を収録)にはBJ Girlsのメンバーとして、また、Sound Horizonのヴォーカリスト“KAORI”としても活躍中のSinger“織田かおり”が参加。「Brilliant World」のRemix verとバトルメドレーのボーナストラック2曲を加えた全41曲、CD2枚組の決定盤!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

雨のちドタバタ

070331oofujitsubo

早起きした朝はあいにくの雨。

いそいそと新曲の譜面を書きながら、本日のオフジツボライブのイメージを練ります。
「そうだ、他の曲はと…えーっと、こんな感じで並んでいるから…」
他の曲の譜面も見ながら、あれこれと。
「そうだ。たまには驚かし系が聴きたいなぁ…」
なんて、ギミックなギターイントロを考えてみたりします。もともとインスト屋ではないためか、いつも僕の曲はあまりに普通な感じなので、さすがに1曲くらい仕掛けが欲しくなってきます。
「おっ。出来たかも…。よし、ライブで試してみよう。」

さて、雨も上がって、ちょっと早めに集合してメンバー打ち合わせ。と、その時、
「あっ!新曲以外の譜面、全部忘れた!」(太田)
「がびーんがびーん…」(壷井氏)
「えっ………」(藤野氏)
一瞬にして、メンバーの間に重ーい空気が。


♪あなたなーらどうする~♪

いしだあゆみさんの曲(作詞:筒美京平)の強烈な歌詞が、ぐるぐると駆けめぐります。

♪残されーてーしまったの~雨降る町に♪

まさにその通りだ。えらいこっちゃ…取りに帰るしかないかな?

♪捨てられーてーしまったの~紙クズみたいに♪

いや、捨ててはいないはず。きっとウチのデスクの上にあるはずだ。

♪泣くの?歩くの?死んじゃうの?♪

いやいや、泣かないし死んじゃわないから…


結局、打ち合わせの後、ウチを経由して現場入りという選択。しかし、お花見の土曜日は道路も大渋滞。結局現場入りしたのは、開演1時間半前。
「おはようございます!」
最初にご挨拶したのは、すでに会場前に並んでいらっしゃるお客様達へ(笑)。ドタバタとサウンドチェックやリハーサルや身支度をして、開場したら即満席(喜)。いやぁ~いつもありがとうございます。

満席のお客様と、会場の音や金時さんにも助けられて、ライブは大盛況!もちろん演奏も、いつもよりみんな音数が多くて(笑)、エモーショナルな芸風満載。火事場の馬鹿力っでいうやつですね。きっとお客様も、いつもにも増してお腹いっぱいになっていただけたと思います。


終了後、音や金時さんの絶品のカレーを頂きながら、まあ太田だけは反省モード(泣)。
さて、今度は6月10日です。今度は楽器忘れてみようかな?あ、うそです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »