« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

都内某所19:00の風景

060928funsui

木曜日の19:00。
地下鉄霞ヶ関駅を降りて、B3出口。地上への長い階段を、機材込み110kgの体重でよっこらしょと登ると、そこは閑静な官庁街。
ライブ会場の虎ノ門NUDEまでは、およそ500m。そのうち200mくらい歩いたところで、こんな景色と出会いました。
残念ながら、噴水のわきで愛を語らう光景は見られないのですが、足早にタバコ休憩に来る女性キャリアーもまた、憧れるものです。

さあ、明日はどんな景色が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

ひまわりとストリングス

060928hana

キンモクセイが香る今日この頃、季節遅れのひまわりの花束を。

聞くところによると、僕の脳天気キャラには、この花しか思いつかなかったそうな(笑)。ありがとうございます。大切に長持ちさせますよ。

大好きなストリングスアレンジだけれど、はまると大変。今、まさにその状態です。この花束のように、ダイナミックかつ庶民的な味が出せれば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

某リハスタにて

060924studio

この懐かしさはなんだろう?

AriaProIIのエレキギターを買って
初めてのバンドを組み
スタジオでリハをしたら
タバコが見つかって出入り禁止になる…

絵に描いたような我ら高校生時代を彷彿とさせる
とあるリハスタ廊下の張り紙。

遠い遠い昔の記憶…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

機材のはなし

060923system

先日のライブから、システムを一部新しくしました。ステージ足元の写真を撮り忘れたので、自宅で事前確認の様子から。

今まではSOLO BOXの位置にボリュームペダルを使っておりました。しかしボリュームペダルは、連続可変出来るというメリットの裏で、ガリや音質的な問題、またDIやAMPの入力インピーダンスによって、プリセットレベルの設定がコロコロ変わってしまうという原理的な問題を抱えており、我々セッションマンには使いにくい代物です。
「どんな条件でも、同じ設定で同じ音を。」
という基本に立ち返り、先日の記事に書いたとおり、"SOLO BOX"なるものを導入しました。これで、ライブにおける要らぬ心配がひとつ減りました。やっぱ気が楽ですよ~!

マニアな方のために、一応、信号経路図など(笑)。

ELECTRIC GUITAR
   ↓
TUBE DRIVER (写真中央上)
   ↓
VF-1(写真左の地面側) ← GFC-50(写真右下)
   ↓
SOLO BOX(写真左上) → TU-12(写真左下)
   ↓
JC-77 (写真なし)


ACOUSTIC GUITAR
   ↓
SOLO BOX(写真右上)
   ↓
LINE出力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

石野真子プレミアムディナーコンサート

060921makogift

13:30代官山CANDY入り。
お店にご挨拶をすると、すぐさまスタッフが搬入のお手伝いをしてくれる。いつもながら細やかな配慮がありがたいお店です。しかもかわいい(蛇足)。

さて、今回はいつもより時間の余裕があるので、絶対安全な機材セッティング(詳細次回)をしていきます。と、そうしている間に石野さん登場。リハーサルで全曲の流れ確認をしていきます。この緊張感がたまりません。特にギター、ベースは楽器持ち替えがあるため、MCの尺も確認します。

そして本番。小柄なカラダのどこから出て来るのか分からないけれど、ステージで魅せる石野さんの圧倒的な存在感。素晴らしいエンターティナーです。僕のモニターに、いつもより大きめに返してもらっているボーカルを聴きながら、ブレス前後のギターフレーズを丁寧に選んでいきます。
「歌伴をやっていてよかった。」
と心から思う瞬間。だって、客席で僕が聴きたいのは、僕のギターじゃなく、石野さんの歌ですから。

そしてライブ終了後、後ろのカウンター周辺にて、バンドマンとスタッフそれぞれのグダグダな夜(反省会)は更けていきました…

素晴らしい演者とスタッフに、心より感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

ライブ見学

09200001

教え子のライブって、自分は何も出来ないから、余計に緊張しますねぇ。
でも、順調に育ってくれているようで、少しホッとしています。
あとは度胸と根性だ。

写真は反省会のひとこま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

あーすっきりした。

これぞジャパニーズポップス!というレコーディング。

バッキングはクランチで厚く。
ソロには泣きのセンターピックアップ。
アコースティックギターは限りなくクリアーに。

今回もご一緒させていただいた、とても気の合う作家さんは、音楽ルーツも似ています。80年代初頭のフォーク終焉ぎりぎり(ニューミュージックとも言う)のサウンドが、お互いの原点になっているはず。たいがい、「ああ、それね!」という感じで作業が進みます。
ただ、今回どうしてもスタジオでイメージが膨らまず、てこずったバッキングがありました。単にエレクトリックの白玉コード弾きなのだけど…。何だろうなぁ…このサウンドは…

家に帰って、今、思い出しました。

オフコース!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

試作機完成

060914solobox1
060914solobox2

ひとまず完成しました。すべてのモードで安定動作で、とりあえず一安心。配線はやや大掛かりですが、回路規模は大したこと無いですからね。

主な機能は以下の2つ。
・SOLO/BACKING音量切替
・MUTE

あとは個人的に欲しかった機能で、TUNER用常時出力、ACアダプタータコ足機能、アコギ用+10dBプリアンプなどが入っております。
これでギター持ち替え時やチューニング時もしっかりミュート。PAにやさしいギタリストになれます。ギターソロでもボリュームペダル代わりにこれで音量調整。ボリュームペダル、音がボケますからね。

早速試してみようっと。
あ、オオフジツボのライブに間に合えばよかったなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

必要に迫られて

09120001

ライブ用の機材を製作することになりました。

というのも、僕がメインで使用しているアコースティックギターは、ピックアップが後付けのためボリュームやEQがなく、いつもPAさんにお願いしてレベル調整やMUTEをしていただいておりました。思い切ってエレアコ導入も考えましたがどうしても気持ち悪く、最後の手段として、外部プリアンプを設計製作することにしました。

で、どうせならばエレキギターにも応用すべく、電源分配やMUTE、BACKING/SOLO音量切替、TUNER用常時出力など(EQはあえて搭載しません)、エフェクター回路としてはやや大掛かりになりましたが、実はすでに今年4月に回路設計終了しており、現在部品入荷待ちです。

ライブレポートと共に使用感等も公表させて頂きますので、マニアな方はお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

ライブのご案内

------------------------------------------------------
2006/09/09(土) オオフジツボ
西荻窪"音や金時"
Open18:30/Start19:30 2Stages \2,600

おなじみアイリッシュトリオのライブも明後日に迫りました!オリジナルの新曲達も自信作でございます。ご期待くださいませ!カメラのシャッターは控えめにね(^_^;)
 Accordion:藤野由佳
 Violin:壷井彰久
 Guitar:太田光宏

------------------------------------------------------
2006/09/21(木) 石野真子プレミアムディナーコンサート
代官山"CANDY"
Open18:00/Start20:00 \8,000
詳細はこちら 
売り切れ早いことが予想されますので、ご予約は9/9にね!

------------------------------------------------------

皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

TG-55

09050001

新居スタジオ機材をセットアップしていたら、古いYAMAHAの音源TG-55のRchが死んでいることが発覚。で、とりあえず開けてみるの図(笑)。

ずらりと並んだ基礎音源ICとマイコンとROMが美しい。ROMには(C)1989と書いてあり、時代の移り変わりを感じさせる。1989年といえば、まだ僕は京都で駆け出しのミュージシャン。帰りの電車代も持たずに、不健全な営業(笑)に行ってたっけ。

え?今さらそんな古い音源どうするんだって?いやいや、結構使えるんですよ。さすがにオケの基本部分には使わないんだけど、当時のYAMAHA特有の「派手だけど薄い」音は、時に貴重なのです。

ん?故障内容?あ、単にボリュームのガリでした。失礼しました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

解放厳禁

09040001

俺は無実だよぅ!何もやっちゃぁいねぇんだ!
頼むよアニキ…ここから出してくれよ!
(渋谷駅宮益坂付近の地下鉄工事現場入口にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

いただきもの

09020001

大人数の飲み会で、豪華なプレゼントを頂いてしまいました。このウクレレ。
生音の鳴りが良く、いい感じです。最近は変わった形のウクレレが多いですが、どうもプラスチック的な鳴りで実用的ではありません。けど、これは大丈夫。実は、マンドリンとウクレレは、アレンジの中でどうしてもほしい場面が多く、近々購入を考えていたところ。なんともタイムリーです。ギターとチューニングが違うため、すぐには弾きこなせないのですが、そのうち僕のアレンジ音源の中で登場するでしょう。
ありがとうございます!


09020002

そして昨日の六本木ライブでお客様に頂いたのが、こちらのバラ一本。と、思いきや、雌蕊(めしべ)の変わりに過激なものが丸め込まれておりました。さすが六本木的。次回ライブは、これを身に着けて出演しようと思います。いや、結構伸びるんだよね(笑)。
ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »