« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月21日 (日)

あずさ20号


♪8時ちょうどの~あずさ2号で~♪
というのは存在しないらしい。
「私は結局、あなたから旅立てないんだぁ。」
というのはチリヌルヲワカ阿部氏の談。さすが同世代(笑)。

というわけで、この夏2度目の長野は、塩尻市民会館「レザンホール」。
1月の川崎/大阪でも思ったけれど、大きなハコでの小編成って、お客様と
の独特の一体感がたまらない。ささやかな息遣いや、アルペジオの余韻や、
もしかするとステージの2人の呼吸までもが静かに伝わって、それぞれの席
まで、すーっと入っていくような気がします。
これはライブハウスでは味わえない醍醐味なーんーでーす~♪(サビ前)

まあ、そんなこんなで東京に帰還。
みなさんお疲れさまでした!

♪さよならは~いつまでたっても~とても言えそうに~ありません~♪(クドい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

ん?新曲?

あれ?これ、何の曲だっけ???

ガットギターを始めて間もない頃、プリプロ録りに参加させて頂いた曲が、
さっき、中山秀柾さん/真鍋かをりさん/ビビる大木さんの番組のBGで
流れていた。

僕が参加したデモは、ほとんどガットギター1本+女性ボーカルだけのシン
プルなアレンジだったけど、本チャンは男性ボーカルに替わり、アレンジも
スティール弦でフォーク系になっていた。
うん。これもなかなかい良いじゃないですか。

しかしこの時間にたまたま耳にするなんて、スゴイ確率だ。
「本チャンでも使って頂けるよう、もっと頑張れ!」
という神様の思し召しかな。

ぐぐっ。き、気合が入るぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

入院

いや、私は元気ですよ。

実は先日、アコースティックギターの弦を張り替えていて、ブリッジとボディーの
間の接着がはがれて、写真のようにわずかな隙間が出来ているのを発見。
やはりギターも中年になると節々にガタがくるらしい。
演奏中にブリッジがはがれて弦が飛び散ると、かなり笑えないので、取り急ぎ
今日、リペアマンに診断してもらい、入院手続きを。

「あー、やや口が開いていますね。」
「そうなんです。気になるでしょう?」
「気になるというか、軽い手術が必要ですねぇ。」
「ええ。どうやって手術するんですか?」
「はい、このような機材がありましてね(キラリ!)…」

突如、工房の奥から超長クランプ出現。

「うわー何ですか?それ。」
「ブリッジクランプです。」
「ご自分で作られたんですか?」
「いやいや、ドイツ製のもので、もともとはバイオリン製作用です。」
「ほーなるほど…」
「通販で買えるんですよ~。」
「へぇ~すごいなぁ(買わないけど)。」
「で、こうやってサウンドホールから入れて、ブリッジとボディーを締め付ける
わけです。さて、隙間閉じますかね…」
「ああ、大分隙間がなくなります。」
「そうですね。じゃあこのやり方で、グルーで圧接すれば大丈夫。」

どうやら発見が早かったため、大手術にならずに済んだ模様。ひどい場合は
ブリッジを一旦全て剥がして、再接着するそうだ。

「じゃあ、来週持ち込みます。よろしく。」
「あ、今じゃないんですか?」
「ええ。週末のライブでこれを使うので…」
「え?使うんですか?」
「え?剥がれますか?」
「…いやぁ、多分剥がれないでしょう。野外ですか?」
「いや、ホールですよ。」
「…じゃあ、多分大丈夫だと思うけどなぁ…」
「気温の問題?」
「気温と湿度です。」
「うーん。」

うーん。一抹の不安が。念のためスペアギターを持って行こう。
1200名のお客様に、ギターが壊れる瞬間を見せるわけにもいかんし(笑)。
でも、それも貴重な体験かもしれないけどね。

----------
Guitar Repair (東京都小平市花小金井駅前)エエ人、安価、腕は確か
http://homepage2.nifty.com/guitarrepair/
----------

余談ですが、リペアー前に調べていたら、このギターの表板が松ではなく
杉だということが判明。"Equipments"ページの表記を修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

暑中お見舞い申し上げます

みなさん。夏バテしていませんか?

今日は久々のOFF。
いやいや、ミュージシャンにとってこの時期にOFFはまずいでしょう
!!!もっともっと営業活動しなければ。。。

と、焦るのは僕の悪いくせ。よく分かっています。

なので、今日は洗濯してからのんびりサイクリングに。プチ非日常。
練馬駅前から豊島園あたり。駅前は相変わらず人通りが多いねぇ。
日常の僕なら迷わず車道に出て40km/hで爆走!オラオラ~とクルマ
をあおる…

いかんいかん。せまい日本そんなに急いでどこへ行く(古)?
そんなにセカセカしているから、木々の変化や空の色やココロの軋み
や、いろんなものを見落としてしまう。それに、このオンボロママチャリ、
そろそろチェーン切れそうだし、こんなところで死ぬわけにもいかんし。

そんなことをつらつら考えながら向山公園から豊島園。

僕、田舎育ちの反動かもしれないけれど、自然の風景を見るより、人
混みの中の人々の顔を見るのが好きなんです。けれど今日は、この
風景がしっくりくるなぁ。少し疲れているかも。

普段入らない店で、アップリケとサンダルを買った。プチ非日常。
普段入らない八百屋で150円のミディートマト。甘いのに味が濃い。

非日常の夕食は、がっつりと豚肉でね。共食いですが…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

高原ライブ


Lisa Halimさんのサポートで、長野は車山高原に行ってきました!

すばらしい自然と、共演の方やスタッフの方の温かい心遣いに感謝。
中でも、最後に出演された中村あゆみさんの、一言一言の説得力に、脱帽。
そう、みんなね、様々な経験や実績と引き換えに、翼なんて折れまくってる
んですよね。そんなボロい翼でも「えいや!」と飛んでいける強さを、これか
らも磨いていきたいですね。

さて、我らがLisaさんも素晴らしかった!
あゆみさんとは対照的に、純粋であることの素晴らしさを、車山のゲレンデい
っぱいに響き渡らせてくれました。いや~音楽ってやっぱすばらしいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »