« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月27日 (月)

冬空の下

いつかセピア色になる今日のために
ぼちぼちと歩いている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

アイドル

年末の駆け込み仕事で、アイドルDVDの挿入曲を演奏させていただきました。
残念ながらMA(映像と音楽の組み合わせ)までは見ていないのですが、先日
「無事うまくいったよ」との連絡を頂きました。

まあ、水着姿の中学生(!?)のバックで流れるガットギターも、またオツなものかと。
友近さんや杉田かおるさんファンの僕には、大分縁遠い世界ではありますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

んー

アロンアルファは突然パッカリ爪から取れるので、
100円ショップでマニキュアを買った。
キラキラするよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

ロッケンロール

イェーイ!じゃかじゃーん!

ステージでロッケンロールを弾くなんて、もしかして初めてかもしれないね。
嫌いでもなんでもないんだけど、たまたまそういう仕事は回ってこなかった。
いやぁ、何でもやってみるもんですね!ロッケンロール最高!

歌モノなのにイントロはギターリフから始まるのですよ(笑)。
とりあえず足を肩幅に開いてみる(笑)。なにより見た目は重要です。
ジャカジャーン!ってやった時の、腕の軌跡も重要なポイントです。
ややネックよりに持っていくのがミソ。しかしやりすぎるとカントリーになる。
本当はストラップ長くして、楽器を股間あたりで構えると完璧なんだけど、
他の曲が弾けなくなるので、あえなくボツ。
そうそう。ロックギタリストはすこし猫背気味がいいみたいだね。
あーでも太ってちゃあだめなんだ(泣)。
よし。ダイエットするぞー。キュ!(おなかをへこませる音)

出来るだけキタナーイ音でキレイにセブンスコードを弾く。
強いピッキングをすると歪み過ぎる。結構難しいもんだね。
結局Aメロは、ピッキングを加減しながらリズムを出すことに専念。
なめるような手首の動き。うたものギタリストの最大の特徴です。
一見どのタイムで音が出ているのか分からない(笑)。
でもサビは手加減せず一気にVIsus4→I7→VIsus4→Iと来た!
一気に全弦フルピッキングでしょう!縦ノリで跳ねるしかないでしょう!
あ、でもボーカルのブレスの間のおいしい合いの手も忘れずに(笑)。
うぉ~~~楽しい~~~テレキャス欲しい~~~。
いやいや、贅沢は敵。

とか思ってたら、あっという間に終わっちゃったよ。
ピック投げ忘れたよ~~~(投げられても迷惑でしょうが…)

さてさて次の曲は、おっ?今度は4ビートジャズですか。
それじゃ、とりあえず足は閉じなきゃぁね…。硬いピックに代えてと。


とあるイベントサポートでの楽しいひとこまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

衣裳

クリスマスライブ(詳細はLiveページ参照)の衣裳を考えた。
買い物をしていて気が付いた。こんなところにサンタクロースの
衣裳が420円也。さっすがダイソー。

早速リハでメンバーに伝える。

太田「サンタの衣裳でそろえる?」
男1「おお~っ。そのものですか~。」
太田「エンターテイメントとしてはありかなと(いい加減)。」
女1「は、はずかしいかも…(引き気味)」
女2「けどさぁ、それってさぁ…男だけにしない?」
太田「あ、そう?女性もかわいいと思うけど…」
女2「だって風俗っぽいじゃん?」
太田「あ!そうか~。行かないから分かんなかった~。」
女1「行ってそう~~~。」
女2「キャバっぽいよ~。もともと会場が風俗ビルなんだから!」
男1「あっははっは!それもそうだ!」

というわけであえなく没に。
じゃあ、どういう衣裳になったかは、当日来てのおたのしみ。
フリーフード付きで\3,000らしいので、めいっぱい楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

ひとまわり

あたふたと空回る毎日も
気が付けば2年目の師走

人ごみの交差点を2回わたると
美しく彩られた並木通り
空っ風に目を細めながら
たまにはゆっくりと歩いてみた

ひとときの夢に満ちたこの街で
今まで気づかなかった
都会への猛烈なあこがれや
平凡ゆえの強烈なコンプレックスが
静かに広がっていく

いまやっと
自分がひとまわりした


僕はミュージシャンではないのだろう
なぜなら僕の聴きたい音楽には
ギターなんて入っていない

たとえば夜の満員電車の吐息のにおいや
足早に行き交う革靴の音や
深夜の松屋でひとり食事するオヤジの姿や
寄り添い歩く初老夫婦の笑顔や
下半身をそそる香水のにおいや
目の前でゆっくり閉じてゆくあなたの瞳や
そして、何の不安もなく無邪気に駆け回る
君達の笑顔や

そんなものであふれてる


資生堂から有楽町へ
そろそろホルモンの煙が見えるところ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »