« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月26日 (日)

芸歴20年にして気づいたこと

僕のフレーズって、笑顔がない…

全部、泣き。

あっちゃ~

ま、いっか。個性やし…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月24日 (金)

誘惑

美人か、そうでないか
痩せているか、太っているか
若いか、若くないか
ゴージャスか、みすぼらしいか

そんなことは、心底、関係ない

ただ、にじみ出る、音がすべて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月15日 (水)

手抜き男のイカの塩辛スパゲッティー

ベルギービールが有名な飲み屋さんで、感動したスパゲティーが
あり、無理を言ってレシピを教えていただきました。
本来ならば、生スルメイカ1杯をさばくところから始まるのですが、
なにぶん一人暮らしの食事では時間も無いので、適当に手抜き
をしたのが、以下のレシピです。そこそこうまかったので、参考ま
でにアップします。
ポイントはただ1つ。トマトジュースは、食塩無添加を使うこと。
でないと、塩辛さが過多になります。

<材料>
スパゲッティー 100g
イカの塩辛 60g+α(加減すること)
ニンニク 3かけ
唐辛子 1本(無ければ七味等でも可)
トマトジュース(食塩無添加) 180cc
オリーブ油 大さじ3位かな?
コショウ 少々

<手順>
1)スパゲッティーを茹でる。
2)この間に、ニンニク3かけをスライス。唐辛子1本も適当に
 切っておく。
3)スパゲッティーが茹で上がったらザルに上げる。
4)すぐにフライパンにオリーブ油大さじ3とニンニクを入れ、
 中火にかける。1分でガーリックオイルになる。
5)フライパンに唐辛子、スパゲッティーの順で入れる。
6)麺にまんべんなく油が行き渡ったら、イカの塩辛50gを入れ、
 和えるように炒める。
7)イカの表面が白くなった頃、トマトジュース(食塩無添加)
 を180cc入れ、また和える。
8)全体がグツグツしてきたら味見をし、塩が足りなければ
 イカの塩辛を足す。
9)5分ほど煮詰めて、軽くコショウを振る。
10)出来上がり。

豪快にフライパンのまま食べるスタイルでどうぞ。
ワインよりビールの方が合います。
時間とお金に余裕のある方は、料理屋さんのように生スルメ
イカ1杯をさばいて作ることをお勧めします。ただこの場合、塩
辛ではないので、塩味付けを忘れずに(忘れる人は居ないと
思いますが…)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月11日 (土)

24時のメモ

深夜の職安通りが好き

決して退廃的なにおいではなく
ガツガツした性のいぶきでもなく
純粋さと打算が折り重なって
プンプンと匂う街

見ているだけで
たまらない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 5日 (日)

音楽とは何の関係もありませんが…

客乗せのとき左に傾く
ノンステップバス

いやぁすごい。技術って。
いやぁすごい。東京って。(地方にもあるが…)
初めて見たときは大感激しました。
おまけに身障者の方が乗るときは
スロープまで自動で出てくるのです。

でね、一番前の席に乗っていたら、
なんと、オートマチックなのです。
いや、正確にはいろいろあって、
フルオートマチック(民生車同等)と
セミオートマチック(いわゆるノークラッチ)
があるようです。

バスといえば、あの長いシフトレバー
そしてダブルクラッチ。
あれも男っぽくて格好よかったのだけど
いい加減な運転手さんは必ず
ガリガリとシンクロギアーを鳴らしてた(笑)
傷みまっせ~。

関係ないけど、京都市バスで
道を間違えられたことがある(笑)。
プロやろ~。

話を元に戻します。
実はノンステップバスに大きな不満があるのです。それは

ノンステップバスの乗り心地の悪さ

丁寧な運転手さんが操縦する古いバスの方が
確実に乗り心地がいい。100%。

サスペンションが短い。そうでしょう。
あの荷重に耐えられるトルクコンバーターの宿命。
そうでしょう。そうでしょう。
でもね、せっかく人に優しいバスですから、
次のモデルに期待してまっせ~。

がんばれ。三菱ふそうさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »