« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月24日 (水)

素朴なギモン


作りたいんかなぁ?
弾きたいんかなぁ?
どっちや?

うーん
作りたいものを作って
弾きたいものを弾いて
それで終われればいいか

昔話のおかげで
なんとなく初心

そうだ
お祝いをさがさなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月18日 (木)

努力

結果しか評価しない
他人に対しても
自分に対しても

結果の出ない努力は
時間の無駄

才能の無い継続は
愚の骨頂

それでも
頑張る姿は美しい
そう思える日が増えた

今日も
そう思える日だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月14日 (日)

奮闘!職場兼住居

うたものスタジオ久々のOFF。
たまった洗濯を一気にやってしまおう。
朝風呂にでも浸かるか。うーん。腹も減ってきた。
よし、洗濯しながら風呂に入ろう。
昼飯を作って食っている間に洗濯も上がるだろう。
午後は多少の予定もあるから早めに。

さあ、お風呂にお湯をじょじょじょじょーーーと入れてと。
洗濯機に汚れ物をわっさわっさ…
昆布(うどんダシ)を火にかけてと…
お、お風呂はもうたまったな。
洗濯機の3mのホース2本(注水/排水)をお風呂にセット。
そう、ここはスタジオなので、洗濯機置場がないのです。
なので風呂場の蛇口から洗濯機に注水して、排水は風呂の
排水口に戻して流します。風呂と洗濯機の注水は両立しない。
さて、自分の着ているものも洗濯機に入れてと…(寒い)。
洗剤入れて洗濯スタート。注水開始!
風呂につかる。
いいねー。余裕のある時間。生き返りますなぁ。カラダを洗う。
寒い部屋で冬を過ごすと、夏の1.5倍くらいの脂肪がつくねぇ。
カラダってつくづく良く出来ている。ダイエットなんてばちあたりだ。
お、洗濯機の注水が終わったな。シャワーが使えるんだった。
アタマを洗おう。カチャ。シャー。あせるなあせるな、まだまだ水だ。
うーん、でもだんだん熱くなってきた、洗う洗う。わっさわっさ…。
ん?なんだかお湯の勢いがなくなったぞ!
いかん、すすぎの注水が始まった!待ってくれー!洗濯機!
仕方なくチョロチョロのシャワーでカラダを流す(寒い)。
と思ったら、あれ?いままでシャワーの音で分からなかったけど、
うどんダシが猛烈に沸騰している!まずい。昆布の苦味まで出て
しまう。はやく出なければ!でも出る前には湯舟をすすがないとね。
シャーーーシャーーー。
さて、カラダ拭いていそいで出る。うどんダシの火を止めなければ…
ズルッ。
「ぎゃーー!!」
あぶないあぶない。すべったすべった。ホースに足ひっかけてドスン。
頭なんか打ったら、まーた16針縫うところだった…。
あーーしかもお風呂が洗濯の排水だらけに…
それより、うどんダシは?ん、まだ苦くはない。麺を入れて完成。
うん。うまい。ささやかながら本物の味。

しかしなんだかなぁ。朝の気持ちの余裕は何だったんだ…
ドタバタとOFFの日が過ぎてゆく…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 7日 (日)

風邪

鳴り止むことのない銅鑼の響きに
暗黒の闇が 迫りくる
5.7秒のDelayを伴って
天使の刃が 落ちてくる

かき乱すために見つめるのか
かき乱されるために聴くのか
外に向かう過剰な自信と
内に向かうコンプレックスと

こわれそうなココロに
うっとりとする自虐

頼りの綱はピーエル1グラム
とりあえずこの咳を鎮めよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »