« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月24日 (水)

かみひとえ

「なぜ、山に登るのですか?」
「そこに山があるから。」

かっこいい。

「なぜ、音楽をするのですか?」
「ここに楽器があるから。」

まあまあかっこいい。

「おいおい。まだ食べるんかい?」
「ここに食べ物があるんだもん。」

かっこ悪い。

「こらこら。またするんかい!」
「ここにあなたが居るんだもん!」

相当かっこ悪い。

けど、一度は言われてみたい食欲の秋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月18日 (木)

裏通り

深夜の徘徊は、ひとりぼっちがいい。
迷わず、駅裏のアジアン通りへ。
日本で言うと、
大阪新世界あるいは新宿想い出横丁。

こんな店で食べるジャンクフードが好きだ。
カラダのために、一応バランスも気にするけれど
多分、どこでも生きていける作りなんだろう。

そういえば
ずいぶんと拾い物も食べた。
結構、大丈夫なもんだ。
食べたあとの激しい自己嫌悪を除けば。


通りでは数人でひそひそと
ドラッグ売買をやっている。
そうか。合法なのはとなりの国だ。
ここはコソコソやる国なのね。

そのかわり、ここは性風俗がすごい。
ショーウィンドゥ越しの直接取引で、
次々と契約が結ばれていく。
まさに単刀直入。

みんな明るく拾い食いするんだね。
刺されてもいい覚悟を…
なんて、ここは契約の国。無用の長物。
裏口専門の僕には、合わないなあ。


君がくれた時間が
異国の地で
血に肉に変わっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 1日 (月)

やさしいきもち

前のコラム。
私の場合は、
「飢えたオオカミ」
ではなく、
「飢えたブタ」
ですな。ええとこないやん!!


やさしいきもち

久々に取り戻したよ。
切なさだけを追い続けてきた僕は、
少し、方向を間違えていた。
多分もう、追わない。

少しだけ気長に、僕の血を洗おう。
本物を作るには、少しだけ時間が必要だ。
駄作さえ無ければ、許容される範囲内だ。
ちょうど楽器もリペアー中だし。

というわけで、今週は制作週間。
仮歌も入れるぞと。ねっ。



えっ?切なさが足りない?
ふふっ。んなわけないやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »